理美容師になりたくてこの仕事を選んだけどブラックすぎる

理美容師になりたくてこの仕事を選んだけどブラックすぎる。休みが毎週火曜日だけ。週6で朝早くから夜遅くまで仕事。開店前の準備や閉店後の片付けも全て自分達後輩任せ。練習もしなきゃいけないし、プライベートなんてほとんどない。残業代も出ないし、それどころか有給やボーナスもなし。無保険だし、実際の手取りなんて10万円もない。週1だけの休みじゃ旅行に行きたくてもいけないし、普段の仕事時間の疲れから寝て終わってしまう。お盆も正月も休みがないから、親の実家にも帰ることができない。この仕事の楽しみを見出せない。良い所がない。

0
 

    みんなのコメント

  1. 1. 名無しの激おこさん

    休みが週1はキツいですね

    理美容師は大変と聞きますが、有給もなく休みが週1は身体も休まらず精神的にもキツいですね。それどころか手取りが10万円もないとなると生活するのも大変ですよね。
    それでも理美容師をやっていきたいというのであれば仕方ないことなのかもしれませんが、仕事の楽しみを見い出せないということなので一度転職を考えてみられてはいかがでしょうか?
    ブラックではない職場を見つけることは大変かもしれませんが、有給やボーナス、給料が良い会社は探せば沢山あります。このままその職場で仕事を続けているといつか身体を壊すかもしれません。ハローワークなどに行かれてみてはいかがでしょうか?

  2. 2. 名無しの激おこさん

    ほかに就きたい仕事はありますか?

    労働時間が長く、なかなかお休みが取れないのは本当に辛いですよね。業界全体がそのような労働なのでしょうか。それとも会社によって違うのでしょうか。もし、業界全体で同じような環境だとすると、ずっと同じ仕事をするのは難しいのかもしれませんね。他に興味のある業種はありますか。例えばお話しするのが好きならば、営業などに向いているかもしれません。自分の中で些細な事でも好きな事を考えて、自分に見合うお仕事を探してみるのもいいのではないかと思います。理美容師さんなら資格も持っていらっしゃると思うので、一度離れても戻れる確率が高いのではないでしょうか。

  3. 3. 名無しの激おこさん

    休日に求職活動を頑張ってみてください

    相談者さまは、理美容師になりたいという自分の夢を実現するために資格を取得して、見事に就職を決められたのですよね。それなのに、政府の言っている「働き方改革」など、まったく聞こえていないかのようなブラックな状態で、毎日、一生懸命に仕事をなさっているのですね。本当にお疲れさまです。週に1日しか休みがないということでしたが、いまのままでは、いずれ身体を壊してしまうのではないかと心配です。もしかすると、貴重なお休みは体力回復のために、ゆっくり家で過ごしていらっしゃるかもしれませんが、同じ業界で働いて行こうとお考えであれば、求職活動をなさってみてはいかがでしょうか。頑張ってください。

  4. 4. 名無しの激おこさん

    思い切って転職してみるのはどうでしょう

    思い切って転職してみるのはどうでしょう

    好きなことで十分な収入を得ることができるのが理想ですが、収入が少ないのはつらいことですね。美容師や理容師の業界について、自分自身が詳しいとはいえないかもしれませんが、収入の多い少ないは、お店の経営の売上が関係しているのかもしれません。競合の店がまわりにあれば、お店そのものの収入が減る場合もあります。安くサービスを売れば、お客さんが来てくれるかもしれませんが、忙しい割には売上が多くないかもしれませんし、高く売ればお客さんは減るかもしれません。難しい業界ですね。思い切って、別の仕事に転職してみてはいかがでしょう。

  5. 5. 名無しの激おこさん

    他のサロンに移ったほうがよいのでは。

    美容師さんはあまり給料がよくないとは聞きますが、その待遇はあんまりですよね。でも、私の行きつけのサロンの美容師さんはしっかり週に2回休んでいるとのことですし、もし週に1回しか休みが取れないときもその分しっかりと給料に反映されると言われていたので、きっとサロンにもよるのだと思います。そのサロンでどのくらい働かれているのかは知りませんが新人と呼ばれる時期まで我慢したらさっさと他のもっと良い待遇のサロンに移ったほうがいいと思います。どうかそれまで体調にだけは気をつけて、手を抜けるところは抜いてやっていって下さいね。

  6. 6. 名無しの激おこさん

    友人に美容師の子がいますが大変ですよね

    週1しか休みがない上にお給料も安いと仕事のモチベーションも続かないですよね。
    友達に美容師の子がいるのですが、続いてる同期は少ないって話してました。大変なお仕事ですよね。
    でも、コンテストとかで賞をとればトップスタイリストやディレクターなどになれるし、そしたらお給料もかなり上がりますよね。
    売れっ子になれば有名人のヘアメイクもやれるかもしれません。
    そういうのは理美容師さんのメリットだと思うので、もう少し続けてみては?
    体を壊すような頑張り方はダメですが、修行期間を乗り越えれば少し楽になるみたいですよ。応援しています!

  7. 7. 名無しの激おこさん

    わたしは同じ悩みで、転職を決めました。

    わかります!わたしは理美容師ではないのですが、同じく休みは週1のみで、朝から晩まで残業代も全くでないブラック企業で働いています。
    はじめこそ休みの日も遊びに出かけたりしていましたが、いまではそんな気力もなく家で寝てしまっています。
    このままだと仕事するだけの人生になってしまう…。仕事は好きなのですが、同じ業種で、もう少しまともな会社に転職することにしました。
    転職活動はなかなかうまくはいきませんが、転職を考えてみてはいかがでしょうか?
    理美容師さんでしたら資格もお持ちだと思いますし、探せばいい条件のサロンもあると思いますよ。

  8. 8. 名無しの激おこさん

    美容師に本当になりたいのか考え直したほうがよいと思います。

    私も以前、美容師を目指していました。
    しかし、同じように拘束時間はとても長く、休みはほとんど無かったですし、給料も安くて一人暮らしをできるといったものではありませんでした。
    そのため、美容師になりたいといった夢を諦めてしまうことにしました。
    美容師にどうしてもなりたくて、他のことは捨てれるといったような人でないと無理なような気がしています。
    いまは、普通に事務職として働いていますが、残業はないですし、土日も休みで、お盆や年末年始の休みは海外に旅行に行ったりして楽しんでいます。
    そのため、自分の心と向き合って、美容師に本当になりたいのか考えた方がよいと思います。

  9. 9. 名無しの激おこさん

    その気持ちすごく分かります。

    私も職種は違うけどそう思った事何度もあります。好きで始めた仕事だけど、あまりにブラックすぎるとやる気無くなりますよね。休みにリフレッシュすれば?と言われても1日の休みでは疲れて寝るのが精一杯で遊びに出かけたり、美味しいものを食べに行ったり出来ないですもんね。リフレッシュなんて出来たもんじゃないです。
    本当に残念な事ですが、私なら一刻も早く職場を変えます!理美容師ならきっと他にいい職場があるはず!あなたのようにその職種が大好きで始めたのであれば尚更、ちゃんとした会社に入るべきです。そしたらきっとまた好きになれますよ。

  10. 10. 名無しの激おこさん

    美容師になりたかった理由を思い出す

    ストレスが大変ですね。しかし、なりたくてなった美容師を楽しめないのは残念ですよね。まずはなぜ美容師になりたかったのか、美容師の資格を取れた時どんなに嬉しかったか思い出してみてはどうでしょうか。仕事をしたくても仕事がない人もこの世の中にはたくさんいます。お金が稼ぎたくても稼げない人もいますが、美容師という免許があるということはすごいことです。普通の何も免許や資格のない人よりも有利ということになります。まずは、何ヶ月間は続けようとゴールを決め、続けてみてそれでもやはりストレスになるならば、転職もありだと思います。

  11. 11. 名無しの激おこさん

    転職おすすめします。

    理美容師になりたくて頑張って来たのですね。大変素晴らしいことだと思います。ただ、そのままでいいのでしょうか。休まず働いて保険無し、手取りが10万前後は生活もままならないのではと感じました。この際、転職を考えてみてはどうでしょう。今の職場よりもっと働きやすい職場があると思います。私の友達が理美容師なんですが、確かにお盆お正月の休みはないものの別日に連休が取れると言っていました。そこの店舗でどうしても働きたいと思うなら頑張れとしか言えませんが、店舗にこだわりがないのなら転職して気分を変えて働いた方が楽しいと思います。

  12. 12. 名無しの激おこさん

    転職を考えてみては…

    すごくブラックなお仕事だということがよく伝わってきます。
    私の知り合いにも理美容師はいますが、やはり同じような職場環境でした。
    プライベートの時間はほぼ無いに等しく、仕事の為に生きているように見えます。
    しかし、友だちは、やりがいを持って仕事をしているようです。私がお客としてお店に行った時も、楽しそうに働いていました。
    今の職場で労働条件の改善を求めることはとても労力がいることだと思うので、情報を集めてもう少し待遇の良い店舗に転職してみるというのはいかがでしょうか。
    身体も心もまいってしまう前に手を打った方がよいかもしれません。