こちらの都合を考えず派遣先を決めてくる営業

何故か、仕事開始の開始時間が遅いと言われるわけであるが、もともと裁量労働制なのでその辺はないはずではないか。と文句も言いたくなる時が結構あるし、残業をしていると(残業代が出ないのにそれすらも把握していない?)無駄にお金をかけやがってと言われた若い時もあった。
どうも、その辺をきちっとわからないのは勝手に人の不得意な仕事を取ってきてこちらに苦労させる営業マンだ。もちろん、技術職だからそれなりの対応をしなきゃいけないのは覚悟の上だが、派遣元の都合だけで働く側のメリットがないのは共通している。転職した最初は結構融通が利くのだがある程度、長く働いているとこういう風になる会社が多いとはやれやれだな。

0
 

    みんなのコメント

  1. 1. 名無しの激おこさん

    結局派遣は都合良く扱われる存在ですよね

    私も何度か派遣社員として働いたことがありますが、派遣の立場ってやっぱり低いなぁと感じますよね。
    営業の方の多くは、最初の方だけ感じが良くて頼りになりそうなのに、しばらくたつと激変してしまいます。
    仕事に入る前の説明不足や聞いた話と違うことも多くて、派遣先で注意を受けることもしばしばありました。
    長く続けていると、こちらの都合も考えずに突然仕事を依頼されることもあり、戸惑ってしまいます。
    まるで「こっちは紹介してやっているんだ」とでもいうような態度で、上から目線で接してくる営業の方も多いですが、
    派遣で働く上ではある程度仕方のないことなのかな、と半ば諦めています。

  2. 2. 名無しの激おこさん

    社内のシステムがわかってない社員って結構いますよね。

    自分が雇われた時代の仕事の仕方を基準に社内の仕事というものをとらえていて、何だかんだと文句を言ってくる社員は結構います。
    そもそも社内だけでいままで対応出来なかった部分を補ってもらうために雇うのだから、最初のうちは有り難がられるのですが、そのうち慣れてくれば何でも出来てあたりまえの風潮があるのは堪ったものではありません。
    派遣のメンバーを一緒に仕事をしていく仲間と捉えて、その人を伸ばすことのできる環境にすれば業績だって伸びるのに、それをわかっていないのでしょう。
    まずそこまで考えて仕事のできる社員を望むのはなかなか難しくて、訳がわからないことを言ってくる人達の精神安定上の便利屋にされてる感が悔しいですね。

  3. 3. 名無しの激おこさん

    能力不足が否めない営業職

    裁量労働制の意味がわかっていない人がいるのは、絶望的だ。こういった人がいる職場では、裁量労働制のよさがいかせない。
    契約書をつきつけて、説教をしてやりたい気分になる。
    また、技術屋の希望を踏まえずに、得意じゃない仕事をとってくのは、正直、その営業担当さhの能力がないのだなと思わざる負えない。
    技術職は、今は、割と人手不足のはずなのだから、仕事はもっと選べるはずなのに、それができないのはどうかと思う。
    不得意なことをやらさせることで、ボーナスや昇給の査定がよくなればいいのだが、そういった会社が、社員のことをちゃんとみてるとは思えないので、大変だなと思う。

  4. 4. 名無しの激おこさん

    きちんと話し合いをされてはいかがでしょうか?

    勝手に人の不得意な仕事を取ってきて質問者様に苦労させる営業マンと言われていますが、派遣先というより怒りの矛先が営業マンになっているので質問者さまの意図していることが営業マンの方に伝わっていないのでは?と思います。裁量労働制と質問者様は仰っていますが、会社間の規定ではそうもいかないのではないでしょうか?仕事をしていなくても労働対価とお金が支払いがなされてしまうのが契約として普通だと思うのですが。一度、今思っていることを整理して改めて話し合いをするべきだと思います。○○のはずではないか?と思っているのは質問者様だけなのかもしれません。

  5. 5. 名無しの激おこさん

    苦情申し立てをしても対応してくれないのに、仕事はガンガン紹介してくる営業

    とある営業担当の管轄の所に派遣で配属されました。
    そこの場所で様々な悩みや不満があったので、苦情申し立てを営業担当に連絡しました。
    その場では「取り急ぎそこの上長や人事に連絡します」とのことを言われたものの、実際は連絡もなく、上長にそのことを伝えたら「え?そんな連絡来てないよ。というか悩みや不満あったの?」とビックリされていました。
    改めて営業担当に聞いたら、連絡した「つもり」なんですが…という濁しを言われたので、人事部にも連絡してみたらその営業担当には連絡が来てないとのことで。
    この営業担当は報告連絡がきちんとできないなと諦めて、派遣会社宛に「報告や連絡がきちんとできないから別の営業担当に変えてくれ」という旨を伝え、担当を変えて貰いました。
    実際変えて貰ったものの、なぜかその営業担当から仕事の紹介を改めて紹介してくるのが非常に腹立たしかったです。
    もうこちらとしては関わりたくない上にこういう理由があって担当を交換してもらっているのに、なぜその営業担当から仕事の紹介が頻繁に来るのか不明でした。

  6. 6. 名無しの激おこさん

    いつまでも我慢している理由はない

    転職理由に最も多いのが人間関係ってくらい、仕事をしているとどうしても波長が合わない人いますよね。仕事だから仕方がないと我慢していても自分にストレスが溜まる一方です。生活の為に働かなければならないのは誰しも同じです。ですが職場環境や仕事内容に恵まれている人は仕事が楽しくて仕方ない、生きがいとまで感じるほどです。日々の生活で大半を占める仕事ならば、ひたすらストレスを溜めるより、楽しいと思える方が人生得だと思いませんか?さらに人間関係が変わるだけでやりやすさや居心地が、大きく変わりますよね。自分が生きやすい環境で働けるよう努力した方がいい結果が残ると思いますよ。

  7. 7. 名無しの激おこさん

    技術者の業務と苦労はもっと理解されるべき

    他の部署の業務内容に理解がない営業は本当に迷惑ですよね。
    私のところの営業も、利益が出なかったり納期に余裕のない仕事ばかり多く取ってきては、問題が出たら全部技術者のせいにして、自分に全く非がないかのように振る舞ってるので腹が立ってます。
    しかもそういうのに限って、こっちが苦労してなんとか間に合わせると、これが出来るなら次からもそうしよう、なんて考えるから始末が悪い。
    仕事を取ってくるのは営業でも、それで利益を出すには技術者が万全に仕事をする必要があるんですから、営業もそれ以外の人たちも、もっと技術職の仕事内容に対して理解を深めてからものを言うべきですよね。

  8. 8. 名無しの激おこさん

    どの職場も似たり寄ったり

    おつかれさまです。会社組織の上層部というのは、どの会社でも大抵似たり寄ったりです。残業代が出ないのにそれすらも把握していないなんていうことは日常茶飯事。なのでこちらも、もう過度に期待しないようにするしかありません。今のご時世とりあえず仕事があるだけでも良いぐらいに思っておかないと本当にやってられませんよね。転職して新天地を求めても、結局長く働くとその会社の本質が見えてくるのもよくあることです。そういう時が、次の職場への転職の転機なのかもしれません。でも転職を繰り返したところで本当に素晴らしい職場環境をゲットできるかは、また別の問題ですね。

  9. 9. 名無しの激おこさん

    会社はみんなで作るもの

    上の立場になればなるほど、現場の現状を深く知らないというのが現実のように感じています。
    仕事量もまだ若い人たちがほとんどを担い、立場が上に行くに連れて、仕事の責任はある程度重くなるかも知れませんが、仕事量や質に関しては比例しているとは言えません。
    下が担っている仕事を100%把握できている上司というのが少ないとのも事実、本当に大問題であると思っています。把握しきれないと、適当に仕事を振ったり回すことも難しいでしょう。
    みんながみんな、互いの仕事について理解できるような機会を作ることができれば一番よいかと思います。無理なものは断り、○○ならできます、とこちらから提案することも大切です。間違っていることに関しても、相手が上司だから強い立場の人だから言えない…と悩むことはありません。間違っているのだから!そこは正直に伝えても良いと思います。

  10. 10. 名無しの激おこさん

    会社が合わなければ何度でも転職しましょう

    会社のシステムを変えたり、自分の希望条件を飲んでもらったりするのは本当に大変なことです。残業代が出ないなど、働いている分や妥協している分のお給料をもらえてない、そう感じることもあるでしょう。満足できる職場に出会えるまで、何度でも転職しましょう。数回の転職ではまだまだ自分に合う会社に出会えていない場合があります。
    またできることならフリーランスで働くのも良いでしょう。自分にメリットがないと思う仕事は受けなければいいし、どのように働くか、どれだけ休むかも自分次第です。またお給料も契約によって変わってくるので、納得して仕事ができるはずです。

  11. 11. 名無しの激おこさん

    派遣先の顔色ばかり見ている営業

    派遣先の企業ってどこもそんな感じですよね。自分のお得意様ばかりを優先して人材を集めたり、より多くのお金をもらっている企業を優先してたくさん訪問したり、企業の顔色ばかりを見ている派遣先の営業が多すぎます。派遣会社の前では、こんなに良い条件の人材がいますと言ってみたり派遣予定者の前ではこんなにいい企業がありますと言ってみたり、発言もその都度変わっているような気がします。派遣先の営業の本来の仕事ってなんなんだと感じます。企業ばかりにいい顔をするのが良い営業となっているのがとても不思議です。企業側もそういう営業に騙されていることに早く気づくべきです。

  12. 12. 名無しの激おこさん

    数字さえ上げればいいと思っている営業マンが多すぎます

    営業マンは基本的に技術については全く知識を持っていない人が多いです。
    もちろん、ちゃんと理解している人や、技術職から営業になった人もいるので一概には言えません。
    でも、大半の営業マンは目先の数字を追いかけすぎだと思います。
    裏の事情や相手のことを考えずに、短絡的に数字を追いかけてしまうので、他の職種からは反感を買うことが多いです。
    結果として、同じ会社の人からの評判だけでなく、取引先からの評判も悪くなってしまうんですよね。
    たまにははっきり説明してもいいと思います。
    「そんなことも知らずに営業やってたの?ちゃんと相手のことを理解するのが営業じゃないの?」ぐらい言ってもいいのではないのでしょうか?

  13. 13. 名無しの激おこさん

    コミュニケーションを取られてはいかがでしょうか。

    技術職は商品開発からメンテナンスなど、サービス、製品づくりのプロですが、営業マンもモノを売るプロです。彼らには彼らなりの論理があるかもしれません。何しろ、売らないことにはお金は入りませんし。「不得意な仕事」を取ってくるとおっしゃられていますが、そもそも営業の方は、あなたの得意、不得意は理解されているのでしょうか。あなたにとって得意な仕事を取ってきてくれれば、あなたも満足ですし、きっとお客様も満足されるようなサービスにつながるでしょう。今一度、営業の方とコミュニケーションをとって、お互いについて理解を深めるということも大切なのではないでしょうか。

  14. 14. 名無しの激おこさん

    営業マンは口先だけ。

    的外れな非難ほど腹立たしいものはありませんね。
    裁量労働制で結果を出していれば始業時間が遅かろうが文句は言われないはずです。わかっていないくせに口を出したい人、いますよね。そういう人には言わせておきましょう。(それでも腹が立ちますね)主さんにあれこれ言う人は主さんのことが羨ましいのだと思います。

    技術職の職位や制度には詳しくありませんが
    主さんは今の職場で長く働いていてそれなりに責任のある立場とお見受けします。

    技術職の専門から外れたような仕事をとってきて陰口を叩くとは…営業の手を離れたら責任もすべて押しつけてくる様が目に見えます。
    営業マンにはしっかりしてほしいものですね。