新人のゆとり君、営業って仕事知ってます??

新人教育つらい

ゆとり世代とよく聞くけど、まさかゆとりがこんなにひどいとは・・・。
中にはちゃんとしたゆとり世代の人もいると思うから結局は性格と育ってきた環境なんだろうな。
昨年新人として採用されて、もう少しで1年となるのに・・・
最初は間違いは仕方ないと目をつぶってたけど、あまりにひどい!!
あなた営業でしょ!営業ってのは事務所で座ってるだけじゃ、仕事なんて来ないのよ!!
新人ならなおさら、朝から晩まで駆け回ってとってくるもんじゃなの??
たまにとってきた仕事でさえ、間違えるわ、取引先のせいにしたり、最終確認はあなたがして間違っていたら取引先に言うのが普通でしょうが。
私は取引先が困るだろうと納期どうりに製品をつくって納めるわよ!
あなたの為ではない!
あなたの失敗でどれだけの人が尽力してきた事か・・・
仕事とってこないやつが、私より給料が良いってのが気にくわない!!

0
 

    みんなのコメント

  1. 1. 名無しの激おこさん

    仕事が出来ない人なんでしょうね

    ゆとりかどうかはわかりませんが、私が気になったのは同じ営業で男尊女卑があることが気になりました。納得いかないですよね!ましてや、仕事を、なめたような後輩の男性営業まんを間近で見ていたら。誰もその人に注意しないのですか?教育係はいないのでしょうか?考え方は人それぞれですが、1人違う方向を向いた人がいると浮いてきちゃいますよね。うまくみんながまとまる方法を話し合ってみてはいかがでしょうか?違う業務をさせてみるとか。

  2. 2. 名無しの激おこさん

    その人に合った対応を

    今の新成人たちは頑張る、成果をあげようという気持ちがかなり低いです。仕事はほどほどに、残業せずにプライベート重視という感じでしょうか。仕事ができないのに給料が良いのは確かに腹が立ちますよね。ただ、彼らは仕事の成果を感じることができないので心がムナシイだけですよ。こんな仕事がやりがいあったなという武勇伝は皆無です。

  3. 3. 名無しの激おこさん

    見る必要ないでしょう

    私自身ゆとり世代です。
    何かとミスをすると、これだからゆとり世代はダメだと言われてしまいますが、問題はゆとり世代の操り方を知らない大人たちです。
    ゆとり世代は、言われた事は、キッチリやるタイプが多いので、やらなければらない仕事リストやチェック表を作ってみてはいかかですか?
    私の働いている職場も、若手が増えほとんどがゆとり世代です。その為、仕事をしやすいようにと上司がチェック表を考えてくれてからみんなスムーズに仕事をしているのでぜひ、試してみてください。

  4. 4. 名無しの激おこさん

    ゆとり世代の仕事への取り組みに関しては、様々なところから問題視されているようです。
    現に私の職場にもゆとり世代で、なかなか仕事がはかどらないメンバーを見かけます。
    このようなメンバーには、仕事のイロハを根拠を持って説明をしてあげるようにしましょう。
    基本的にはゆとり世代は指示待ち人間が多いので、きちんと指示をしてあげれば動きます。
    その後、率先して仕事ができる人間になるかどうかは、指導する方の腕にかかっています。

  5. 5. 名無しの激おこさん

    私はゆとりと呼ばれる世代ですが、自分がいる世代であってもあまり誇れるところはありません。
    ゆとりだからと言われ続けて、いやになることばかりです。

    おっしゃる通り何にもできないような人が多いです。
    きっと社会環境も少子化の影響で変わってきたこともあると思います。
    子供を大切にという環境が子供を甘やかして何もできない人がたくさん大人になってしまった。

    本当に同世代ということがいやで仕方ありません。

  6. 6. 名無しの激おこさん

    どんな場所にもルールがある

    わかりすぎます。私の身近にもゆとり世代がいますが、どう考えたらというかどうしたらそうなれるのかわからない、意味不明すぎる、何を考えてるの?といった感じでもの凄くストレスになります。まず、自分から何かをしよう働きかけようと自分で考えて動くということをしない気がします。指示待ちというか言われたらやるしそれなりにできるけど、自主性がないというか貴方これでお給料もらってるの、わかる?もう学生じゃないのよ、と呆れてしまいます。しかも、自分が損得勘定で動いているから他人もそうだと思っているのか、こちらがよかれと思ってしたことに対してエゴだとか決めつけちゃう始末なのでもう手のつけようが無いですね。もちろん本人の性格や育ってきた環境による部分もあるのでしょうが、やはりゆとり世代というのも少しは影響しているんじゃないかと思っています。