子育てにいちいち口を突っ込んでくる姑に怒り爆発です

子供をつれて夫の実家に遊びに行くと、必ず私の子供に対する教育方針にいちゃもんをつけてくる姑に辟易しています。
例えば、おやつは食事の前には与えないようにしているのに、子供が欲しがっているのに与えないのはひどい親だと罵ってきます。
さらに好き嫌いをしてしっかりご飯を食べない子供に私が食べるまで席を立ってはいけないとしつけをしようとしていると、それは虐待だとのたまうのです。
こんな姑になんと言えば、私のしつけに口を突っ込んでくるのをやめさせることができるのでしょうか。夫に言ってもらいたくても夫も全くあてになりません。

0
 

    みんなのコメント

  1. 1. 名無しの激おこさん

    育て方は責任者が決める

    子供を育てていると外野がいろいろ言ってくるので困ったり迷ったりすることが多いのも確かです。
    お姑さんからの言葉は無下に断ることもできなくて辛い立場に立たされたりするのは夫が頼りないからです。
    そんな夫を育ててしまった姑さんの言うままだと同じような子供が育ってしまいます。
    育てている子供の一番の責任者は母親と父親。
    ふたりが考えて育て方は決めるべきです。
    参考にすることはあっても、外野のあれこれに左右される必要はありません。
    お姑さんには夫婦そろって丁寧に自分たちは自分たちで考えた育て方をしたいので尊重してくださいとお願いしてみましょう。

  2. 2. 名無しの激おこさん

    あなたの育児で良いと思います

    おやつを食事の前には与えないようにしているのは、正解というか、当たり前だと思います。孫だから責任なく与えるんですよね。祖父母は。
    食事に関しても席をたたないのは当たり前だと思いますし、虐待だなんてこっちがびっくりですね。
    私の場合ですが、お菓子など与えようとしたら、姑さんも夫さんにそんなにあげてたんですか?とか好き嫌いや、生活態度で文句を言ってきたら姑さんはどうしてました?とか聞いてました。もちろん嫌みです。忘れたとか言ってますけど絶対同じような事言ってたと思うので、パパもこうだったのかなーと言ってたらなんとなく減りました。夫を育てたのは姑ですからね。
    ご主人と姑さんを立てる作戦ならば、「パパみたいになれるよー」とか「パパはちっちゃい頃出来てたよー」などでしょうか。

  3. 3. 名無しの激おこさん

    嫌なことは嫌とハッキリ伝える!

    わかります。私の姑も何かあればすぐに育児に口を出してくるのでもう顔も見たくありません!昭和の時代と子育ての考えも変わってきているのだから、「私の時は…」「昔はこうだったから…」という押し付けは本当にやめて欲しいです!私は我慢できなくなって、旦那に一言言ってもらいました。これ以上育児に口出すようなら孫を連れてこない…という風なことを伝えてもらったら、よほどこたえたのかあまりイチャモン付けてこなくなりました。まだたまに嫌味のようなこと言ってきますけど。姑には嫌なことは嫌ってハッキリ言わないと伝わりませんよ笑。

  4. 4. 名無しの激おこさん

    三文安一直線にしたくないですよね

    孫を可愛がってくれるのは嬉しいですけど、可愛がるのと甘やかすのって似て非なるものですもんね。
    戦うお気持ちがあるのなら、都度言い返すか、もう食事時に実家に行かないかの二択ですよね。
    優しい虐待って言葉をご存知ですかー?とか、年寄りっこは三文安って昔から言いますよねー、とか。
    「年寄りっこは三文安」ってのは使い勝手がいいでしょうから、是非ことあるごとにお姑さんにお伝えください。
    あとは偏食の弊害と間食による肥満もしくは栄養の偏りについて滔々と、しかもダラダラとエンドレスに、一言言われたら100返す勢いで。

  5. 5. 名無しの激おこさん

    食事を残したら大声で「食事の前におやつを食べるからだよね」と言う

    食事の前におやつを与えるというのは姑あるあるですよね~。やはりしつけに良くなくても、孫が喜ぶ姿が見られればそれでいいんですよね。
    この場合もし子供が食事をなかなか食べなかったり残すようであれば大声で「やっぱり食事の前におやつを食べちゃうからだよね」と言ってやればいいのです(笑)。
    そして、姑には困った顔で「食事前におやつを食べてしまうと、せっかく栄養バランスを考えて作った食事を残してしまうので本当に困るんです。おやつは食後のご褒美として取っておけばきちんと食べてくれるので、協力して頂けますか?」と言ってはどうでしょうか?
    とにかく、姑がしようとすることで具体的に困ることをハッキリと、でも丁寧に伝えればある程度常識的な方ならわかってもらえるはずなのですが…。

  6. 6. 名無しの激おこさん

    自分の思うように育てたいと思っている

    姑さんとお嫁さんの教育に対する意識の違いが出ていると思います。姑さんの意識をやっぱり変えていくのが1番良いと思います。旦那があてにならないのであれば、自分で我が家の教育方針であると言うことをはっきりと伝えましょう。虐待であると言われようが、子供の子育てに責任を持つのは親ですので、お嫁さんがやっている事は正しいと思います。
    もう一つお姑さんを黙らせる効果のあるものが孫の姿です。お嫁さんの教育方針で育ったことによって、好き嫌いがなくなったり、自分で考えておやつを食べることができるようになる姿を見ればお姑さんも納得すると思います。

  7. 7. 名無しの激おこさん

    理由をつけてみるのはどうでしょう

    なぜ自分が姑さんの言う通りにお子さんに接しようとしないのか、なぜこのようなルールを家庭で設けているのか、一つ一つ理由をお姑さんに説明してみるのはいかがでしょうか。根気のいる話し合いかもしれませんが、、、。
    そして、自分の考えを100%お姑さんに分かってもらえると考える事はできないと思います。それぞれ教育方針や重要にしているところが違うので、納得のいくように説明して、それでもダメだったら聞き流すしかないかもしれません。
    お子さんは一環したお母さんの態度をよく見ていると思うのでこれからも頑張ってください!

  8. 8. 名無しの激おこさん

    旦那様にしっかりしてほしいですね

    いちいち口を出してくるお姑さんもおかしいですが、旦那様も何も言えない、あてにならないというのはきついですね。
    お子様の教育方針は、旦那様と一緒に考えていらっしゃるんでしょうし、息子である旦那様にガツンと言ってほしいところですね。
    うちも義母がいろんなことに口を出してきてうんざりしていますが、旦那が「いいかげんにしろよ」と怒ったらぴたっとやめました。
    実の息子に言われると、親としてはぐうの音も出ないんでしょうね。
    あなたがお姑さんに何か言うと悪者にされる可能性があるので、どうにかして旦那様に言ってもらうようにしてみては?
    「2人の子供だから、あなたにも協力してほしい」と言えば、旦那さまの気持ちも変わるかもしれませんよ。

  9. 9. 名無しの激おこさん

    頼りにならないご主人

    ご主人が頼りにならないならあなたが頑張るしかないですよね。ご主人、実の親なんだからちゃんと言おうよと思ってしまいます。
    そういう姑は何をしても言ってくるんですよね。親は私たちですので。と一度気持ちを伝えて、それでも変わらないなら行く頻度を減らしてこのままじゃ孫に会えなくなると思わせた方がいいかもしれませんね。
    私は祖父母の家では甘やかすのもひとつかなと思っています。そういう場があるって子どもにとったらすごく嬉しいだろうなと思うので。メリハリをつけるというか。ごはん前のおやつは私も反対ですけどね。まぁいいっかという気持ちもいいと思いますよ。

  10. 10. 名無しの激おこさん

    いちゃもんつけたいんでしょうね

    いちいち理論的に教えてあげてみるのはどうでしょう。
    食事前におやつを与えて、食事を摂れずに大事な栄養素が不足することによる子供の成長への影響。
    好き嫌いしてごはんを食べず、席を立とうとする子供をしつけることは、幼稚園や小学校での立ち歩き防止になること。
    恐らく姑さんはそんなに先のことは考えず、嫁にいちゃもんをつけたいだけだと思うので、
    相談主さんの子供への真剣な考えを聞けば黙るかもしれません。
    子育ての習慣って大事ですよね、一度おやつを食事前にあげてしまうと子供も「いいんだ」って思って習慣化してしまったり。
    大変だと思いますが、頑張りすぎないようにしてくださいね。