姑が私の料理に対していつも文句を言われてうんざり

姑が私の作るご飯について、何かにつけて文句を言ってきます。この間も、カレーライスを作ったのですが、まず野菜の切り方1つ1つに対して注意を受けました。こっちの人参は小さいのにこっちの人参は大きいわね、じゃがいもが崩れて形が不揃いだわなどです。またいつも姑に文句を言われるのが嫌だから、カレールーの箱に書いてある通りに忠実に作ったのですが、味が濃いわねと言われました。おまけにこんな濃い味のカレーライス食べられないわと半分以上残すのです。夫や子供は美味しいと食べてくれるのに、本当にストレスでたまりません。

0
 

    みんなのコメント

  1. 1. 名無しの激おこさん

    【あえて質問を】学ぶ態度前面の積極的姿勢へ

    姑さんもかなり厳しい方ですね。
    ご飯というのはそれぞれ各家庭の味があり、その家庭が良かれと思って築き上げてきたものですから
    本来それに対してあれこれ言うのは望ましくないのですが、
    ここは妻と姑という関係上仕方がないかのようにも思えます。
    ですが、あなたが我慢する必要はないのです。
    それは対等な立場とは言い難いでしょう。
    まずするべきなのは、「姑さんは何が気に入らなかったのか?」ということを徹底的に研究すること。
    野菜の切り方一つ。あなたにはあなたなりの、姑さんには姑さんなりの価値観というものがあるのです。
    ですがそこで対立をしてしまうのは利口な策とは言えません。
    あえてそこで質問をするのです。
    「義理母さんはどうやって切りますか?」「煮くずれしないコツなんてあるんですか!?」
    など話したくなるように煽り気味で。
    姑さんも人間ですから、気が良くなります。 有頂天でおだててやりましょう。
    それで吸収するとこはしっかりと吸収し、次回からの反省点とする。
    すぐにノートなどに書き留めるのではなく、あえてメモ帳などに書き残し、冷蔵庫や、姑さんの目につくとこに
    貼り付け「真面目に受け止めているんだな」ということをアピールするのです。
    悪い気はしないはずです。
    表面上だけの芝居をするだけでおんなじことでもう怒られないのですからこれは儲けたものです。
    これから頑張ってください!

  2. 2. 名無しの激おこさん

    お料理の世界もまた深い

    お料理お疲れさまです。「おしいしい」「ありがとう」とまず言ってもらいたいお気持ちわかります。ただ、
    私はどちらかというと、義理のお母様のような意見が欲しい人です。高齢者のご飯をつくることはとても難しいことと思っています。
    一つ一つは注意というよりアドバイスととられてみてはいかがでしょうか。
    なぜなら、昔といっては何ですが、昔は女性は特にお料理に力を入れて、ご先祖様からの作り方を人の口で教えこんでいた
    家庭が多かったと思われるからです。また、人の味覚は刻一刻一刻と変わりやすいと思われるからです。
    なので義理のお母様の意見は、そのまた義理のお母様のご意見でもあるように感じられます。
    このように意見を一つ一つ大事に伝え成長してこられたということは、とても貴重なことのように思われます。
    次はお母様がお子様にお料理を伝授することになるかもわかりませんし、それがお子様の成長にもつながるのだと思います。
    今お時間の無い中お忙しいこととは思いますが、ご自身のお時間もお身体も大切になさってください。

  3. 3. 名無しの激おこさん

    スルーしちゃいましょ!

    野菜の切り方に関してはきっと本当に一つ一つの大きさがバラバラだったのかもしれませんが、初めから綺麗に上手く形を整えられる人なんてなかなかいません。きっと姑さんは自分が料理し始めた頃の気持ちを忘れてしまって更に嫁の粗探しをしなきゃいけないほど暇なんだと思います。
    また旦那さんやお子さんは美味しいと食べてくれるとの事なので、姑さんには味が合わないんだと思います。だからといってこちらが姑さんに味を合わせる理由にはなりませんので姑さんだけ毎食味の薄いおかゆに味噌汁とかだけにしたり、自分で食事を用意させる事がいいと思います。

  4. 4. 名無しの激おこさん

    わがままなお姑さんですね

    お姑さんとは同居してるんでしょうか?
    同居していてあなたが全部食事の準備をしているのなら、文句を言うどころか感謝するのが普通だと思います。
    もちろんお年寄りと若い人では味の好みが違うのでカレーライスの濃さは仕方がないと思いますが、野菜の切り方や大きさに文句を言うのはイジメと同じです。
    一度、自分たちのおかずとお姑さんのおかずのメニューを変えてみたらどうでしょうか?
    あなたにとっては手間かもしれませんが、それでお姑さんの反応を見るのもいいと思います。
    カレーだったら一部を取り分けて、お姑さんの分だけ別の鍋で薄く作ってみるとか、試してみてはどうでしょうか?

  5. 5. 名無しの激おこさん

    細かいお姑さん、嫌ですね

    具材の切り方ひとつひとつに文句を言ってくるのはさすがに細かいですね!味の好みはやはりお年を召した方だと、濃いなどはあると思いますが、他の家族の方がおいしいとおっしゃっているようですので、きっとなにか文句を言いたいだけのような気がします。お義母様はお料理されないのでしょうか?カレーは一般的な料理ですから、姑さんも文句言いやすいでしょうが、姑さんの知らないようなオシャレな料理をたまにはだしてみるのはどうでしょう。なにか文句言われたら、お義母様が知らないだけでこれが普通ですよ、て乗り切っちゃいましょう。

  6. 6. 名無しの激おこさん

    文句を言うならお前が作れって感じですよね

    うちの姑も、自分が料理上手だと思っているのでいちいち私の料理に口出ししてきます。ほんとうんざりしますよね。
    作ってもらっておいて残すとか、大人気ないですね。文句を言うなら自分で作れよって感じですね!
    旦那様やお子様がおいしいと言ってくれてるのなら、あなたの料理は文句を言われるようなものじゃないはずです。
    ちゃんと手作りされてますし、あれこれ言う方が間違ってると思います。
    旦那様に、相談という感じで「お姑さんが私の料理おいしくないと言われるんだけど、おいしくない?」など切り出してみては?
    旦那様に頼って、お姑さんに文句を言えない雰囲気を作ってもらうとか。あとはお姑さんをおだてて全部作らせるかですね。
    うまくいくことを願ってます!

  7. 7. 名無しの激おこさん

    「私の料理が口に合わないようなので」と食事を完全に別にする!

    嫌な姑ですね~!とにかく嫁にケチをつけないと気が済まないのでしょうね(笑)。
    同居なのでしょうか?毎回毎回その状態であれば、「お義母さんは私の作る料理がお口に合わないみたいなので、申し訳ないのですがご自分で食べて下さいね」と、食事も完全に別にしてしまってはいかがですか?
    ちなみに、旦那さんとお子さんは美味しいと食べてくれるのですが、それは姑さんも目の前で見ているんですよね?なのであれば、お子さんに「美味しいよねー、いつも綺麗に食べられてエラいねー!」と大げさに褒め、お子さんから「おばあちゃん、こんなに美味しいのにどうして残すのー?」と言ってもらえたらベストですね(笑)。

  8. 8. 名無しの激おこさん

    文句があるなら自分で作れと言いたいです。

    すごく嫌なお姑さんですね。とことん合わせるか、全く聞く耳を持たないようにするかの二択だと思います。どれだけ言っても変わらないと思うと諦めると思いますしそういう態度は子供もよく見てると思います。きっとどれだけ優しくしてもお母さんに嫌なことを言う嫌なおばぁちゃんだと思われるだけです。気にしなくていいと思います。そのうち介護やら動けないなどでお世話になるのは目に見えてますので強気でいられるのも今のうちです。嫌なら食べなければいいと思いながらやるか、言われたことを忠実に今回はこことここを気をつけました。次は何かありますか?と聞いてやっていくかのどちらかですね。私は合わせ続けるのはキツイので文句があるなら自分で作れ。と思いながら自分流でやると思います。それでいいと思います。

  9. 9. 名無しの激おこさん

    それぞれの家庭の味が一番!

    いますよね!人が作ったお料理に文句を言う人!作ってもらっている、ご馳走になっているくせになんでそんなに失礼な事が言えるのか理解に苦しみます!野菜の大きさが不揃いって、、人参は根元が太く先は細くなっていくのにどう切ったら全ての大きさが一緒になるんですかね?やってみてほしいです!カレールーも市販のもので味が濃いと文句を言うのならば、お母様は市販のルーに頼らず一からお作りになられているんですかね?さぞかし素晴らしいお料理の腕前だこと。そんな人の言う事はスルーして旦那様やお子様がおいしいと言ってくれる家庭の味を大切にしましょう!

  10. 10. 名無しの激おこさん

    どんな料理でも、家庭の味があります。

    どんな料理でも、家庭の味があります。
    卵焼き一つ取っても、甘いのしょっぱいの、中にねぎを入れたり。
    カレーも教科書通り、箱の裏側に書いてある味だけが正解では無いと思うんです。
    家庭科でカレーや味噌汁を作る時に班で、色々話したりした事ありませんでしたか?
    カレーってルーである程度標準的な味に仕上げられますが、
    それでもどこのメーカーのどのルーを使うか、
    野菜や具を何を使うか、サイズはどれくらいか。
    各家庭で結構違うと思うんです。
    だから単純に腹を立てるより、お姑さんからお家の味を伝授してもらうと
    コミュニケーションと共に家庭の味の継承にもなります。
    面倒くさいかも知れませんが、
    味はお姑さんが生きている間しか教わることができないので是非。

  11. 11. 名無しの激おこさん

    文句を言うんなら自分で作れと重います

    ちゃんと作っているのにそこまで酷い文句を言われる筋合いはないですよね。
    一体どうしたらこの人は満足するのでしょうか?
    多分形がどうこうとか味がどうこうではなく嫁が作っていることが気に食わないと思っていそうですね。
    旦那さんや子供がおいしいと食べてくれているのだから問題なしです。
    旦那さんは義母さんのことはどのように言っているのでしょうか?
    文句を言われるのが悲しいのでもう作らない!と言ってみるのはどうでしょうか。
    親世代と若い世代では味付けの好みも違うので自分で作ればいいんですよ。
    味を薄くしても絶対に文句を言うはずですよ。

  12. 12. 名無しの激おこさん

    家事の事を言われるのはキツイですね

    料理の事を言われるのは嫌ですよね。だったら食べるなとか、自分の分だけ自分で作りなさいよって思ってしまいますよね。何かとケチをつけたいんじゃないですか。もし可能なら1度お義母さんに作ってもらってみてはいかがでしょうか。下手な言い方で私はまだまだなので、お義母さんの料理を見せて下さいなどとお願いして、そこで断るようならあなたより美味しく作れる自信がないと言う事で、自分の料理に自信を持って下さい。旦那さんもお子さんも美味しいと言ってくれているのだから本当は何も問題はないんですよ。ただ単に何か言いたいだけなのかも。料理は何を作るか考えたり栄養も考えたり大変な事を言った方が良いですよ。お義母さんも奥さんであり、お母さんで作っていた時期はあったのだから。

  13. 13. 名無しの激おこさん

    文句言うなら食べるな!

    皆で食べる美味しいご飯も台無しですね。完璧な人間ていないのだから、食材を全部同じ大きさで切れますか?ましてや、食材の大きさもそれぞれ。いくら義理の母親とはいえ、他所の家庭の事にいちいち口出ししてくる時点でおかしい。旦那と子どもが美味しいならそれで十分!普段から姑の為にご飯を作っている訳ではないのだから。厚かましいにも程がありますね。それに人がせっかく作ったご飯を残すなんて。口を開けば文句ばかり、自分好みの味付けじゃないと残すなら、もう食べるな!子どもの前で姑も食べているなら尚更、教育上良くないと思いました。

  14. 14. 名無しの激おこさん

    完璧な料理を出してもらう

    味付けや切り方はそれぞれの家庭で全然違いますよね。
    自分がこうだったからといって、相手の家庭に押し付ける事はやってはいけない事だと思います。
    何をやってもこれじゃないとか文句を言ってくるようなので、姑さんの思うような料理が作れないので、勉強として全部作ってくださいとお願いしてみてはどうですか?
    大きさや調味料の配分等詳しくメモして貰って、文句が言えないような状況を作るのです。
    姑さんとは同居しているのですか?たまに来る程度でしたら来た時だけ作って貰えば良いです。
    同居しているのでしたら料理は姑の担当にして、主さんは他を完璧にこなせば良いですよ。