世渡り上手く行くにはデキない人の方が良い

日本人の習字率って100%じゃなかったの?書類に書いてあることをいちいち聞いてくるな!読めばわかるようにしておいたのに、理解しようとする努力を怠ってこちらに迷惑をかけるなよ。日本語が理解できない人が多すぎて、最近では少し真面目な人がいるととても感心するようになってしまった。自分で言うのもなんだけど、できる人にばかり仕事を回すのは本当に止めてほしい。ならできないフリを最初からしておけば楽で良かった。

0
 

    みんなのコメント

  1. 1. 名無しの激おこさん

    その気持ちすごくわかります!
    私も真面目な性格で、職場のなかではできる人の分類に入るのですが、とくかくできない人のつけが回ってきます。
    できなかった人を助けてあげたり、再チェックをしてあげたりと、自分の本来の仕事に加えて、たくさんの仕事をやらなくなってしまって大変な一面もあります。
    ただし、そういった行動は上司もしっかりと見てくれているはずなので、上司と飲みにいったりして、愚痴ってみるのはいいのではないでしょうか。
    私の場合には、それで給料が上がったので少し報われた気がしました。

  2. 2. 名無しの激おこさん

    よく知られている話ですが、会社は2割の有能な人と8割のそうではない人で構成されているそうです。
    実際、強力なコネで入社した人で、仕事をこなす能力のない人はいます。
    あなたは仕事ができる人で、そのせいで忙しいんだと思います。
    この世の中には理不尽な事がたくさんあります。
    でも、あなたは仕事ができる分、他の人よりお給料が多かったり出世しているのではないでしょうか?
    仕事のできない人を急に有能な人にする事は出来ませんが、もしあなたの仕事量が自分のキャパを超えているなら、その部分はちゃんと主張して下さい。

  3. 3. 名無しの激おこさん

    できない人の尻拭いを、できる人が押し付けられる状況って本当につらいですよね。できない人達もそれを理解しているから改善しようともしないし、できる人達がどんどん消耗してしまいます。厳しいことを言いますが、そういう職場は結局できる人が辞めていってしまい、できない人だけ残るので、遅かれ早かれ破たんするでしょう。
    世の中には、できる人が評価される会社や職場もちゃんと存在しています。今の状況に不満があり、ご自身の実力に自信があるなら、転職も視野に入れてみてはいかがでしょうか。きっとあなたが納得できる職場が見つかると思います。

  4. 4. 名無しの激おこさん

    そういう苛立ちすごくわかります。まずは読んでよ!せめて読んで理解してからわからない所を聞いてくれ!とか思いますよね。高齢で文字を読むのが大変、気力が無いという人はもう仕方が無いと思いますが、ただの怠慢で、自力で読まずに口頭での説明を要求してくる人っています。大半は時間を持て余した年配の人が多いです。暇だから、誰かに話しかけたいっていう気持ちもあるんでしょうけど、忙しい時にやられたらたまったものじゃないですね。明らかに怠慢で暇つぶしにきてる人には、冷たくしていいと思いますよ。

  5. 5. 名無しの激おこさん

    結局、なにに対してイライラされてるのか、いまいちわからないのですが、まず、習字率100パーセントのはずなのに、日本語を理解し切れない人間が最近多いということに怒っていらっしゃるようなので、まずはそれから。
    たしかに、おっしゃることはわかりますが、誰しも始めてしる言葉や漢字などはあるでしょうね。きっとあなたも。その対策として読めるようにしてるあなたは偉いですね。それでもわからないといってくるひとには、一度教えてあげて、ここに書いてあるよ、今度から自分で調べてみてと声をかけてあげたらどうでしょう。別に相手も、迷惑をかけたくて、してるわけじゃないんでしょうから。わからないことをわからないと言ってくれる方が助かることも多いですよ。たったそれだけでイライラするのは、ちょっと短気すぎるかも。
    で、次にできる人ばかりに仕事をふるなと。それは仕方ないです。出来る人は頼られるのは当たり前。できる人が頼られるのはできない人のサポートも含めて期待されてるからです。

    つまり、仕事ができて、頼られてしまうあなたは、習字率100パーセントの日本のはずなのに、頼ってくる人にイライラするのではなく、その人の教育もするべきなのです。
    それができないのなら、あなたはできる人、ではないわけです。

  6. 6. 名無しの激おこさん

    確かに出来る人がやったほうが効率いいんです。でもそれって違うんじゃない?っていつも思います。なんでしょうね、自ら調べたりする人がどんどん減っていますよね。私の友達も旅行にいこうと計画たてると、目的地への移動手段や最寄り駅全てを聞いてきます。なぜ私がそこまでしないといけないのか腹がたち、自分で調べたらすぐわかるよね?と思わず言ってしまいました。ネットやスマホが普及してなんでも簡単に調べる事が出来るのに少しは努力をしてほしいと思います。

  7. 7. 名無しの激おこさん

    おっしゃるとおり、文章の内容を理解しようと努力する人が極端に少なくなっている気がします。
    マニュアルどおりにやれば良いようなことも、その最低限のマニュアルさえ理解していない。
    本当にイラッとしますよね。
    特に仕事ができる人にとってはより負担が大きくなるので、仕事量が違いすぎて月給制が納得いかなくなります。
    それならばいっそできないフリをしていれば良かった…そう思う気持ちはわかります。
    長い目で見たとき、できる人のスキルは今の仕事以外でも必ず役立つと思います。
    真面目な人が損をする時代はもう終わっていってほしいですね。

  8. 8. 名無しの激おこさん

    自分も同じような経験があります。

    自分もほんとそう思います。上司もできる人に頼んだ方が早いしなど安易にしか考えていないんでしょうね。そうやって色々と仕事を頼まれて本来の自分の仕事が遅くなってしまい逆に評価が下がってしまうなどの悪循環を経験したことがあります。出来ない人が世渡りがうまくいくのはある意味あっているなと感じます。私もそうした人に振り回されていかないように、いい先輩を演じるよりも、突き放す位の性格になって行ければ楽になるだろうなと最近は思いました。

  9. 9. 名無しの激おこさん

    私の周りも似たよーなもので、うんざりです。

    めっちゃ同感します。うちの周りも、大学出てその程度ですか?みたいなのがゴロゴロしてますよ……。
    書類を作るたびに、ちょっとした漢字がわからないから辞書引くのに時間取られたりとか。レジメ作っても、レジメの意味が不明とか。
    だから、あ、この新人さんいい人だ、と思っても、すぐやめられてしまいます。私もそこはついにやめる決意をしました。
    もっとマシな人がいる世界に逃げたほうがいいかもですよ!チャンスがあるうちにリクルートしちゃってもいいんじゃない?

  10. 10. 名無しの激おこさん

    出来過ぎるのも損なのか…

    できない人の中でも、やろうと思って頑張ってもできない人と、そもそもやる気がない人がいますよね。
    だいたい、後者のほうがすごく守られている環境で、できる人が被害被るパターン多い気がします。
    仕事ができるほうが、仕事が楽しくて楽しくてしょうがなくなると思って、新人の頃は特に一生懸命頑張っていましたが、なんとなく仕事量も多くなるし、残業も勤務年数が長いほうが多い気がしています。
    できる人の運命だと思って、少し大人になって切り替えたいものです。

  11. 11. 名無しの激おこさん

    貴方は優秀で信頼された人

    働きアリの法則をご存知ですか。2.6.2の法則とも言われるこの法則は、働きアリのうち、2割はよく働き、6割は時々サボりながら働き、あとの2割はまったく働かないという結果があり、よく働く2割のアリを取り除くと、残りの時々サボりながら働くアリの中から2割がよく働くようになり、6割が普通に働いて、2割がサボるという循環を繰り返すというものです。この法則は、人間界にも当てはめることが出来ます。2割がよく働き、6割がサボりながら働き、2割はまったく働かない。これはどこの社会でも当てはまることです。要はバランスと言えます。貴方のような優秀でよく働く人がいなければ、社会のバランスが崩れます。しかし、言い換えると、仕事をサボったり、出来が悪かったりする貴方の同僚のような人もいないと、バランスが崩れます。貴方の同僚は、楽して仕事をしていると思うでしょうが、同僚はそれが精一杯の働きぶりなのです。貴方は優秀なばっかりに、他の人の仕事もこなせてしまうのです。そういう宿命を背負ってしまった人なのです。ですが、それは悪いことではありません。貴方は仕事が出来て、誰からも頼られる信頼された人であるのは間違いありません。貴方は優秀ですから、出来の悪い同僚を、自分と同じ位置にまで引っ張ることが出来るはずです。どうか気を落とさず、お仕事を頑張って下さい。お疲れ様です。