仕事から帰った途端イライラを俺にぶつけてくるのはやめてください

残業して仕事から帰って来てクタクタなのに帰った途端イライラを俺にぶつけてくるのはやめてください。
小さい子の育児は大変かもしれないけれど家族の為に頑張って働いている俺にお疲れ様の一言くらいあってもいいと思うんだけど。
専業主婦でいたいと言ったのはあなたですよね。
確かに裕福な家庭とは言えないけれどお金がないお金がないと言われると辛いです。これでも一生懸命働いているんだけれどなぁ。直接言えばまた喧嘩になるので言葉にはしないけれど心の中では養ってやってるんだからちょっとは労え!と思っています。ストレスが溜まるのはあなただけじゃないぞ!

0
 

    みんなのコメント

  1. 1. 名無しの激おこさん

    お互いがお互いを労ってあげて

    毎日お仕事で疲れて帰ってくると愚痴を聞かされるって本当に疲れますよね。労いの言葉があったら嬉しいですが、奥様はその余裕が無い状態なんですね。お子様はまだ小さいのでしょうか。小さい子供と一日中家の中で過ごすというのは想像以上に体力的にも精神的にも過酷なんです。今は仕方ないと思って諦めましょう。休日は1人でお子様をみてあげて、奥様1人でお出かけをさせてあげたらどうでしょうか。奥様にとってはいい気分転換にもなりますし、子供を1人で見ることの大変さをわかっている分、旦那様に感謝してくれると思いますよ。お互いがお互いを労ってあげられると一番良いですね。

    2
  2. 2. 名無しの激おこさん

    専業主婦に有難みを感じて欲しいですよね

    子供が小さいとそうなってしまうのかな?でも労いの言葉はあっていいですね!私も子供が小さい時不安で帰ってきては、愚痴や不安をぶつけてた様な気がします。なので悪気は決してないんですけど、友達とかより身近だからつい言ってしまうんですよね。今は子供も大きくなり専業主婦で居させてくれてありがとうと言える余裕もでてきました。お金がないと思っても決して安月給だと言うこともありません。確かにそこまで言うなら奥様にも働いてつたなってしまいますよね。今は余裕がなくても子供が大きくなれば、感謝する気持ちもでてくると思いますよ。

  3. 3. 名無しの激おこさん

    子供をストレスの言い訳に使うな!

    ただでさえ仕事でストレスがたまりやすいのに、そこに妻によるストレスが加わったのでは身が持ちませんね。心底あなたに同情します。
    おそらく結婚当初はそんなことはなかったのでしょう。「おかえりなさい」のチュッくらいはあったのだと思います。
    世の中の女どもはよく「子育ては大変」などといいますが、仕事に比べれば遊んでいるようなものです。子供がクレームでもいうのか?子供が怒鳴りつけてくるのか?いつもにこやかに笑っているだけなのに、これで大変とは片腹痛い!
    目には目を歯には歯をといった感じで、イライラをあなたが妻にぶつけてやりましょう。そうすれば、少しは大人しくなるかもしれません。

    2
  4. 4. 名無しの激おこさん

    一度ゆっくり話してみては?

    そうですね、女性は家事も育児もやらなければならないから大変です。
    ですがあなただって家族のために働いて生活していく収入を得ているのだからお互い様です。
    ただ女性は自分が忙しくなったり育児をしていると情緒不安定になってしまうものです。
    お金がないと当たってしまう奥さんの気持ちもそれを言われると辛いあなたの気持ちもわかります。
    一度お互いに冷静な時に奥さんとゆっくり話す機会を設けてみてはいかがでしょうか。
    きっと奥さんも言ってることや態度全てが本心ではないし、あなたも伝えたいことが伝えられてないように見受けられるので。

  5. 5. 名無しの激おこさん

    クタクタなのは奥様も一緒かもしれません

    お互い大変なときって、相手の事より自分が優先となってしまいます。自分の事しか考えられなくなってしまうのです。労われないと思っていたら、あなたも奥様を労っていないのです。専業主婦、やってみないとわからないでしょう。子供を抱えながら、食事もトイレも生活の最低限のことも制約され、夜泣きなどされれば睡眠さえ阻害されます。一番大変なのは、具合が悪くなった時。子供の世話は待ったなしです。なのにだれも助けてはくれず、寝たくとも寝れないのです。仕事は休めばそれでよし。ですが子育て中の専業主婦はそうはいかないのです。主婦でなく外に働きに行った所であなたの負担はもっと増えることになります。奥様が望んでいるのはあなたの感謝や労いなのです。同じ事を願っているのですよ。あなたが奥様に感謝をすれば、自分も感謝されるはずです。

  6. 6. 名無しの激おこさん

    適当に愚痴を聞いて、時には聞き流す流すことも必要。

    奥様が専業主婦だということから、奥さん自身もご主人様以外に愚痴をこぼすところが無いのだと思います。女性はおしゃべりでこれでもかというくらいに時にはあなたに愚痴をいってくるかもしれませんが、いつもあなたが愚痴をまともに聞いていてはあなたもストレスが溜まるとことと思います。適当に奥様に怒られない程度に受け流して、全てまともに聞くのをやめましょう。右から左に受け流しておく事もあなたのために必要だと思います。お金がないと言われることに対してストレスを感じていることを奥さんに伝えて、毎回言うのをやめてもらいましょう。

  7. 7. 名無しの激おこさん

    養ってやってるという考えは危うい

    非常に気持ちはよくわかりますが、このままの考え方ですといつか破裂して奥様を深く傷つけてしまうのではないでしょうか。昨今の考え方ですと、育児や家事も立派な労働であり、お金が発生してしかるべきものです。そのお金を彼女は間接的に、あなたは直接稼いでいるという関係なのです。つまり、妻は同僚に近しいものがあるのです。部下であり、上司である側面もあります。また、同僚を養ってやってるとは普段考えません。同じように、同僚に対しては、お疲れ様と言ってしかるべきです。お互い一生懸命に「家」という会社を経営しているのです。次にストレスの話ですが、育児というものは24時間労働に近いものがあり、これまたしんどい仕事です。私たち男性が上手に想像しがたい世界でもあります。だからこそ、ストレスをどうやって解消させるか策を講じましょう。女性は平気で人をストレスのはけ口にしてきます。その矛先を無理やり捻じ曲げるのです。

  8. 8. 名無しの激おこさん

    気持ちに共感して見てください

    私は、ビジネス社会で長く働くワーキングウーマンです。同じ悩みを男性同僚からよく聞きます。私は、男性よりに見ていて暇な専業主婦何言うか的に見ていました。でも、この専業主婦をどこか下に見ているこの目線が間違っていることに気づきました。というのは、実弟がイクメンになったからです。男性目線で専業主婦の何が大変かを分析してくれ、要点がわかりました。奥様は、きっと問題を解決して欲しい時と、ただ気持ちに共感して欲しいだけの時と、両方が入り乱れているのではないかと思います。逆に対処してしまうと感情がこじれてしまうかも。悩みを読んで、幸い、ご主人が理性的な方に思えました。やや、テクニカルチックですが、奥様の需要の仕分けから始めて見てはいかがでしょうか。少し落ち着いたところで、ご主人の気持ちを伝えて見ると意思疎通できるかもしれません。

  9. 9. 名無しの激おこさん

    主婦としての仕事を褒めてあげましょう。

    残業してクタクタなのに家で安らげないのは本当に苦痛でうんざりしますよね。お疲れ様です。
    奥様は育児ばかりで外の世界を見ていないのでストレスが溜まっているのでしょうが、それが専業主婦にとってよくある問題点の一つですから奥様自身もこんなはずじゃなかったと大変なのかもしれませんね。
    専業主婦は家事や育児が仕事ですが、それに対して社会的な評価がある訳ではないし会社と自宅を切り離して過ごすこともできないので慢性的な不満を抱えているのではないかと思います。
    少しでも主婦としての仕事が評価されればまた気持ちも変わってくると思うのですが、あなたは奥様を褒めてあげていますか?
    それをしてあげるだけで奥様のストレスは軽減されると思います。

  10. 10. 名無しの激おこさん

    優しい旦那さんですね。

    仕事をしてきて帰ってきてもお疲れ様の一言もないんですか?私は子持ちの専業主婦ですが、1度も旦那にイライラをぶつけたことはありません。比べるものではないのでしょうが、どちらかというと仕事を毎日している方が大変だと思っているのでそんな態度とれないです。毎日笑顔で過ごすのが一番ですよね。今は旦那さんが優しくて我慢してくれているから成り立っていますが、我慢の限界になったときが怖いですね。次にお金が無いと言われた時には子供を保育園に預けて働いてもらってはいかがでしょうか?きっとそれはそれで怒る気もしますが。

  11. 11. 名無しの激おこさん

    まず自分が先に「お疲れ様」と言ってみる

    仕事で帰ってきた途端に子育てのイライラをぶつけられるのは勘弁して欲しいと思いますよね。遊んで帰ってきたわけではなく、家族を養うために働いてきたのに、と旦那さんの方にもストレスが溜まるのは理解できます。しかし、仕事での疲れと子育ての疲れは質が違うものです。どちらが大変かは夫婦間で意見が異なると思いますが、子育てはちょっと目を離しただけで子どもが大けがをしたり最悪死んでしまったりする危険が常に伴います。奥さんが専業主婦を望んだとしても、毎日そんな危険と隣り合わせで満足にトイレや水分補給の暇もないのかもしれません。反面、仕事はミスをすると自分以外の仲間にも損失を与えますし、旦那さんのストレスが溜まってしまっては体調不良につながり、経済的に安定した暮らしが崩れてしまうかもしれません。夫婦どちらも努力してその結果疲れや愚痴が溜まっていると思うので、まず帰宅したら先に「お疲れ様」と言ってみてはどうでしょう。疲れている中でも相手を思いやる一言があれば、奥さんも自分ばかりが苦労しているという思いにとらわれなくなるかもしれません。

  12. 12. 名無しの激おこさん

    毎日お仕事お疲れまです

    専業主婦と一言で言いますが、専業主婦のお仕事は膨大です。それこそ毎日残業と言っていいほどに。
    お子様がどのくらい小さいかは分かりませんが、まだ赤ちゃんならばおむつ替えからミルク、もしくは離乳食。着替え、お風呂、夜泣き、さらに大人の食事から洗濯、買い出しにお掃除など一手に担わなくてはなりませんし、毎日言葉の通じない子供の相手。
    帰ってきた旦那さんに愚痴の一つも言いたくなると思います。愚痴というか、話が出来る大人にただ聞いて欲しいんです。
    きっと奥様には今余裕がないのでしょう。旦那さんからまず「今日も一日お疲れ様」と声をかけてあげてみて下さい。
    奥様もそう返してくれるようになると思います。

  13. 13. 名無しの激おこさん

    一度話し合ってみられたらいかがでしょうか。

    毎日お仕事でお忙しくしていらっしゃるのですね。帰った途端イライラされるのは辛いというあなたの気持ち、よく分かります。
    そんなしんどい中、「育児は大変かもしれないけど」と奥さまの気持ちも思いやることのできるあなたはとても優しくて素敵な旦那さまだと思います。
    でも、ずっとこのままではあなたも我慢できないと思うので、一度奥さまと正直な気持ちを話し合われてみたらいいかもしれませんね。お金がないなど言ってほしくないなどの気持ちも伝えられたほうがいいと思います。
    そして、例えば、「1日大変だったことを言うタイム」というのを時間を限定して作って、ここで愚痴を言うことにしよう!と夫婦のルールを決めてみるなどはいかがですか。
    帰ってすぐに愚痴を無理やり聞かされたり、いつまでも聞き続けたりということがなくなれば、あなたも少しはゆとりが出てくると思いますよ。

  14. 14. 名無しの激おこさん

    ストレス発散出来る場所を作ってあげる

    確かにお金ないを言われれば専業じゃなくて働けば良いのにになりますよね。
    子育ては想像以上に大変で閉鎖的な空間です。とてもストレスが溜まります。旦那様も仕事が忙しくて遅いのであればなおさら一日中ワンオペ育児になりますよね。私も小さな子供二人を家で育てている専業主婦で旦那様はなかなか育児に参加出来ない激務です。
    それはそれはストレスが溜まりイライラして蕁麻疹まで出る始末で旦那様にも全く優しく出来ない状態でした。
    が、今は支援センターなどにたくさん遊びに行くようになり先生や知り合いになったママさん達と他愛もない話をしたりする事で良いストレス発散になっていて旦那に当たる事は無くなりました。支援センターなどはお金はかからないのでお子さまにとっても良い遊び場ですよ。
    質問者様の奥さまはストレスを発散する場所が旦那様しかないのでは?他に子育ての息抜きを出来る所を提案して作ってあげると良いかもしれません。

  15. 15. 名無しの激おこさん

    思いやりが大切ですね。

    疲れて帰って来た所にイライラをぶつけられたら余計にドッときてしまいますよね。私はつまですがぶつけられる立場なので少しはわかります。
    小さい子の育児は確かに本当に大変です。私も小さい子が居て主人は忙しく休みも少ないのでほぼ一人で育児しているので本当に疲れます。日々の家事も中々思うように進められなくてイライラしたりお風呂に入れるのも寝かしつけるのも全部やって、旦那さんが帰ってきたらまた食事の用意など仕事が…と思うかも知れません。
    だからと言って奥様のようにイライラをぶつけるのは良くないと思います。
    ただ産後からのホルモンの影響もあり不安定でイライラしやすい時でもあると思います。
    疲れているのは本当に奥様だけでも旦那様だけでもないと思います。どちらも一日必死に頑張っていると思います。
    今日も一日ありがとう。お疲れ様。と言ってもらえたら嬉しいですよね。
    思いやりは思いやりで返ってくるかと思います。奥様も改めて感謝して自分の悪かった態度を思い改めるかも知れません。
    一度ゆっくりとお互いに日頃のお礼や労いの言葉感謝の気持ちを伝えあってみてはどうでしょうか?

    でも今日も一日ありがとう。お疲れ様と声をかけてもらいたいのはお互いがそうなのだと思います。

  16. 16. 名無しの激おこさん

    >>5

  17. 17. Mobile Application

    Thank you for your own hard work on this web page. Kate enjoys making time for investigation and it is obvious why. Almost all learn all relating to the compelling means you offer practical tips by means of the blog and even foster contribution from other individuals on that concern so our girl is always discovering a whole lot. Take advantage of the remaining portion of the year. Your doing a fantastic job. blog ‌
    I always use url shortener‌
    It is very helpful.