疲れてるときに愚痴ばかり聞かさないで。

私の母は毎日何でもかんでも愚痴を言います。朝ごはんや夜ごはんの時はもちろん、楽しく家族団らんという時も「あの時こうでさ、ああでさ」と愚痴ばかり。
そりゃあ仕事で愚痴りたくなるようなことがあっても、四六時中愚痴を聞かされる身としてはすごくストレスがたまります。唯一の楽しみであるごはんの時に愚痴を聞かされるとごはんも美味しくなくなります。
もっと周りのことを考えて欲しいです。たまには楽しいこと話したいです。

0
 

    みんなのコメント

  1. 1. 名無しの激おこさん

    私の母はあまりにも愚痴が多過ぎてもう慣れてしまいましたが、あなたの怒りは私の妹によく似ていますね。
    妹はあなたと同じように毎日聞かされる母親の愚痴に耐えられなくなり精神的に病んでしまいました。
    (病んだ理由はそれだけではありませんが)
    自分は前向きに考えたいと思っても母が愚痴ばかり言うせいで前向きに考えられなくなってしまったようです。
    本当に愚痴りたい気持ちも分かるのですが楽しいことも話したいですよね!
    愚痴りたいことが沢山あるからこそ自分の好きなものとかにも目を向けて欲しいですね。
    けど私の母もそうですがあなたのお母様も中々その性格は変えられないかも知れません。

  2. 2. 名無しの激おこさん

    あなたの気持ちは本当に理解出来ます。
    お母さんも働いているようなので、愚痴りたくなるような事があるのは分かります。
    でも愚痴っても何も変わらないんですよね。
    変わらないどころか、自分の娘に迷惑をかけていますよね。
    家の食事はすべてお母さんが作っているのでしょうか?
    私はお母さんにあなたが思っている事を伝えたほうがいいと思います。
    料理を手伝いながら「ごはんの時は楽しい話にしたいね」など言ってみてはいかがでしょうか?

  3. 3. 名無しの激おこさん

    家族であるお母様からの愚痴を聞かされ続けるのはしんどいですよね。
    言っている方はもう癖のようになっていて無意識なのかもしれないですが、毎日聞かされる方はたまったもんじゃないです。
    私の母も愚痴っぽくて、弾丸トークで話されるとこっちまでストレスで、メンタルがやられてしまいます。
    最近はせめて食事の時は楽しい話題でいられるように、母だけが喋り倒すことがないように、あえて自分から楽しい話題を振ってみてます。
    母が愚痴モードになった時にもスルーして話題を変えてみてます。
    親しいと聞かざるを得ないので難しいですが、ちょっとずつ変わることを期待して実践してます。

  4. 4. 名無しの激おこさん

    あなたは話を聞くのが上手なんでしょうね。でもせっかくのご飯美味しく食べれなくて悲しいですよね。お母さんに「毎日大変なんだね。お疲れ様。でもなにか良いことはなかったの?せっかくのご飯が愚痴ばっかりじゃ楽しくないよ」とさらっと言ってみたらどうですか?お母さんも無意識に愚痴を吐いてそれが習慣になってしまってるのかもしれません。お母さん自身がそこに気がついて楽しい話をするように心がけて変わってくれるといいですね。

  5. 5. 名無しの激おこさん

    人の愚痴を聞くのは疲れますよね。もちろん、大変な時に愚痴を言いたくなる気持ちはわかりますが、いつも愚痴ばかり言われるのも辛いものです。ただ、「愚痴を言わないで」とズバリ言ってしまうと、お母様を傷つけてしまかもしれないので、楽しい話になるように誘導してみてはどうでしょうか?
    例えば「仕事で疲れた」というような愚痴であれば、「じゃあ今度みんなで温泉に行かない?」など、みんながワクワクするような話に誘導すると、話が楽しい方向に膨らむかもしれません。

  6. 6. 名無しの激おこさん

    確かに、いつもいつも愚痴を聞かされていたら嫌な気持になってしまうし、そんなに言わなくてもいいでしょと思ってしまったり、その人のことが醜く見えてしまうこともあるでしょう。しかし、人間なら誰しもが文句を言いたくて誰かに話したいと思っています。そして、それを言えるのが信頼されている証拠なのではないでしょうか。それにしても言いすぎだと感じたら、相槌だけ打ち、聞き流しましょう。相手の方はただ言葉を発したいだけで、意見を求めてはいないと思うので、また言ってるな~ぐらいの気持ちで聞き流すことが大事だと思います。

  7. 7. 名無しの激おこさん

    愚痴を聞かされると滅入りますよね。愚痴は言う方は楽になりますが、聞く方は苦です。楽しいはずのご飯の時間まで愚痴を聞かされると、どこにご飯を食べたか分からなくなるほどですよね。
    ですが、お母さんは、頑張っています。仕事や家事、家族の事に一生懸命なんだと思います。きっと仕事では理不尽なことがあったり、家事や毎日の生活でやることが膨大でパンク寸前まできているのかもしれません。そんな時に、話を聞いてくれる貴方がいる事で、パンク寸前のお母さんはガス抜きが出来て、次の日も元気に過ごす事が出来るのです。どうか、お母さんの話しを聞いてあげて下さいね。ですが、ご飯の時に聞かされるのは嫌ですよね。ならば、ルールを決めて、食卓では愚痴を言わないと決めて、愚痴を言う時間を作ってあげればいいのではないでしょうか。そして、家族で食卓を囲む時には、貴方が率先して楽しい話しをすれば、自然と明るい会話で盛り上がることが出来ると思います。ご両親と家族を大切にしてあげて下さい。

  8. 8. 名無しの激おこさん

    毎日愚痴を聞かされると、気が滅入ってしまいますよね。私も周りに愚痴っぽい人がいるので、理解できます。
    愚痴を言う人は話す事で、ストレスを発散しているのでしょう。それ自体は悪くありませんが、愚痴をたくさん聞かされる方の身を考えてほしいものですね。ご飯を食べる時や家族団らんの時は、皆が楽しく過ごす為に、愚痴を控えるべきだと思います。
    四六時中愚痴を聞かされては、貴方のストレスが溜まってしまいます。貴方の母は愚痴を聞いてもらっている、分かってもらっているとしか、頭にありません。相手にストレスを与えている事実に、気づいていないようです。
    一度愚痴をやめてほしい事を貴方が、母に伝えてみてはどうですか。一人が無理なら家族と共に話してみましょう。そうすれば相手も、皆の事を配慮してくれるかもしれません。

  9. 9. 名無しの激おこさん

    私の母も愚痴とか悪口とかいう人なんで、その気持ち本当に分かります。とくに疲れているときは、心にも余裕がないのでストレスたまるし、母親にもきつく当たってしまって後で後悔したりします。でも、もう何年もそうだし、母親が変わることはないので私はあきらめました。母の話を聞いているようで聞いていないスルースキルがかなり身につきました。楽しいことを話したいなら、愚痴をさえぎって何か楽しそうな話題を振ってみるのも良いかもしれませんね。それでも、愚痴が続くようなら、母親と距離を取ってみるのもありじゃないでしょうか。

  10. 10. 名無しの激おこさん

    ご飯は楽しく食べたい

    話の内容が愚痴ばかりな人も多いですよね。
    せっかくの食事で、しかも家族が揃っているのに愚痴を聞かされては残念という気持ちはわかります。
    もちろん、愚痴を聞いて欲しいという気持ちもわかるのですが、場面というものが有りますものね。
    もし、そのような状況が続くのであれば、自分から話題を提供してみてはどうでしょうか。
    今日あったよかったこと、これから起きる楽しいことなど、わかる話題を自分から話してみるのもいいと思いますよ。

  11. 11. 名無しの激おこさん

    毎日は止めて欲しいですよね!

    愚痴って、絶対にストレスがたまると言いたくなるものですが、それが毎日になると、聞いているこっちがストレス溜まりますよね!
    しかも、言っている愚痴が毎日同じ人だったり職場だったりしたら、「そんなに嫌なら辞めれば?!」と思ってしまったりします。

    愚痴が毎日の当たり前の話になるのではなく、週に一度くらいにとどめてくれたらいいのになと思います!

    愚痴を聞かされるくらいなら、何も話さずに静かに御飯が食べたいって思ってしまいます。

  12. 12. 名無しの激おこさん

    お母さんの好きなこと、楽しいことを話しかけてみては?

    分かります!私の場合は母ではなく、祖母でした。一日中常に愚痴、愚痴、愚痴ばかり。いい加減にしてーって思いますよね。
    でも本人はあまりその自覚はないようでした。もしかしたらお母さんも自分自身でそんなに愚痴ばかり言ってるつもりはないのかもしれません。
    そういう人って長年の習慣となってしまって、もう自分では変えることが難しいのかもしれません。
    だからちょっとずつこちらが愚痴から楽しい話に変更できるようにしていくしかないです。
    お母さんの好きなこと、楽しいこと、意識して話してみてはどうでしょうか。
    もしそういう話が思いつかないなら、少し時間を作って一緒にどこかお母さんの好きな場所に出かけたり、楽しいことをしてみるのもいいかもしれません。

  13. 13. 名無しの激おこさん

    他に楽しみや趣味を見つけてあげては

    とても理解できます。私の母も同じでした。私はハッキリ言う方なので毎日喧嘩になっていて母が最後に言う言葉は、お兄ちゃんならと比べてられていました。私も限界がきそうだったので、友人に話してみたら何か楽しみや趣味になるような事を探してあげたらとアドバイスをもらい、会話の中に何が好きか興味があるのかを探ってみてから、まずは一緒にと誘ってみて合うのを見つけました。その後、ストレス発散にもなっているのか愚痴はすごく減りました。他に夢中になれる事やストレス発散方法を探してみてはどうですか

  14. 14. 名無しの激おこさん

    ストレスは伝えず発散させてもらう

    せっかくの楽しいはずの家族団らんの時間が台無しに感じてしまいますね。きっとお母様もストレスが溜まっていらっしゃるんでしょうけれど、それを食卓で発散されてしまうとストレスが伝染してしまいますよね。愚痴でストレスを吐き出させるのではなく、例えばさらに楽しい話題を振ってあげてみんなでわいわいする中で発散してもらってはいかがでしょうか。年齢や環境にもよりますが、一緒にお酒を飲みながらゆっくり話したりするのもよさそうです。