理論的に攻めてくる妻に怒り!反論できず大きな声を出してしまいます

理系出身の妻。物事に対して論理的に攻めてくるので、むかつきます。例えば、この時期でよくもめるのが暖房。温度設定でもめています。私は温かい部屋で過ごしたい。なのに、妻はできるだけ温度を下げて、寒いなら服を重ねろといいます。しかも、電気代についても、1度上げれば、電気代が20%上昇するのを知っているのか。温度を上げるくらいなら、風量を変えろ。風量設定を上げくらいは、大きく電気代に影響しないと。これは、夏場の冷房でも同様です。その他にも、生物学的にとか、物理的には、化学的にはなど、何かと知識を元に理路整然と問い詰められるので、ついつい反論できず大きな声を出してしまいます。

1
 

    みんなのコメント

  1. 1. 名無しの激おこさん

    理論的だが合理的ではないですよね

    本当に聡明でものの道理を分かっている人なら、あなたの中に秘められたストレスを洞察できているはずです。あなたにこれらのストレスを感じさせてしまっているからには、合理的ではないのでしょう。あなたはこの理系妻にどう立ち向かっていけばいいのでしょうね。一つの案としてお聞きいただければ幸いですが、妻の専門外の学問の知識を得て対抗していけばいいのではないでしょうか。お話を聞いているうえでは、心理学や認知脳科学に対する知識の浅さを感じます。あなたはこれらをマスターし、妻のメンタルをサポートするようなプロフェッショナルになっていけばいいのではないでしょうか。

  2. 2. 名無しの激おこさん

    理論一辺倒は人間関係では不正解

    よく逆のパターンは聞きますが、典型的なリケ女を奥様に持たれるとこういうケースも起き得るのですね。ご主人がエモーショナルで情熱を表現するのがお得意なのでしょうか?お互い無いものに惹かれあって結婚したりしますよね。理屈で攻めるなら、気持ちや情熱で返して見てはいかがでしょうか?甘えて見ちゃうとか、女性なら理屈っぽい旦那様をそうやって懐柔したりするのですが、男女が逆だと工夫がいりそうですね。理論的に、人間関係は科学的正論だけでは楽しく無いことを証明できる、そういう理屈が得意なご友人はいませんか?知恵を拝借して理論武装もトライする価値あると思います。

  3. 3. 名無しの激おこさん

    あまり気にせず受け入れてみましょう

    奥様は相当頭がいいですね。理論的に、まして正論を言われたら何も言い返せれないですよね。
    自分の方が頭がいいし正しいという感じで話されると苛立ちを覚えますよね。
    でももう性格とか話し方ってもう大人になったら変わらないからどうしようもないです。受け流すようにするか、もう感心して意見を受け入れてみましょう。
    案外正しかったり、まめちし豆知識だったりして役に立つかもしれませんよ。
    もしそれでもむかつくようなら、その理論的が本当に合っていることなのか怪しいことはとことん調べてこっちから間違いを指摘して上げ足をとって
    みるしか見返す方法がなさそうです。

  4. 4. 名無しの激おこさん

    温度を上げる事でかかる電気代を貴方持ちにすると 貴方のしたい温度設定に出来ると思います。

    感情的になったら負けです。
    物事は論理的に言う方が通りやすいです。
    電気代から考えるのであれば、実際にそれを実証し、
    実際に電気代が増えた分を貴方のお小遣いから出すと言う方法もあります。

    結婚し二人で生活している訳で、全てが自分の思い通りという訳には行かないので
    熱くならずに冷静に話し合うべきかと思います。
    自分の意見が通らない事もあるとは思いますが、
    今回の温度設定は奥様が暑すぎる、寒すぎるという事での反対でなく
    あくまでも電気代の問題ですので、
    温度を上げる事でかかる電気代を貴方持ちにすると
    貴方のしたい温度設定に出来ると思います。

  5. 5. 名無しの激おこさん

    論理的には論理的で対抗

    奥様が論理的に話をしてくると言うのは珍しいパターンだと思います。どちらかと言うと旦那さんが論理的で、奥さんが感情的にしゃべると言うパタンが多いのではないでしょうか。
    こうした論理的に話してくる人に対して、感情論で向かい合うのは必ず喧嘩になります。論理的な人に対しては論理的に返していくのが1番です。しかもできるだけ熱くならずに冷静に話すことが大切です。
    またこうした方には、数字で勝負をするのも1つの方法です。理詰めでこちらも相手をしないと負けてしまいますので、事前に準備をしておいて話をするということが大切になります。

  6. 6. 名無しの激おこさん

    理論的に攻めてくるなら理論的に反撃を

    奥さんは理論で責めるのが得意なようですので、かっとなって大声を出しても奥さんには旦那さんの不快感が伝わりにくいと思います。というのも、自分の理論や知識に自信がある人は自分が正しいことを言っているという自覚が強いので、「間違っているのは相手」と聞く耳を持ってくれない可能性が高いからです。理論で責めてこられたら、自分の感情を理論的に説明してみてはどうでしょうか。例えば、「重ね着をしても空気が冷たいから喉を痛めてしまう」「風量を上げればその分騒音が大きくなる」「自宅で具合を悪くしては日々の生活に影響が出る」等です。それでも通じないようでしたら、お互い別の空間に移動して温度設定も自由にする等した方が良いです。理論としては正しくても、その内容が相手に適しているかは別問題です。奥さんに「君の言っていることは正しいけど、自分にはそれに従いたくない理由がある」と落ち着いて話してみてはどうでしょう。

  7. 7. 名無しの激おこさん

    折り合いをつけられるルール作りを

    理系の方だと物事の仕組みなどを追求する傾向があるのか、話していると反論出来ず、フラストレーションが溜まってしまいますよね。奥様がそのような傾向にあるとのことで、なかなか言い合いで彼女を負かすのは難しいのではないかと思います。そこで、奥様と一度、家の中のルール作りをしてみてはいかがでしょうか。家事やその他細かな所までお互いが譲りあえる所、譲れない所を言い合ってルールを作ってみると、これから何かあった時にそのルールに従う事にすれば、揉めることなく過ごせるのではないのでしょうか。話し合いまでに他の理系男子に話し合いの練習をしてみるのもいいかもしれませんね。

  8. 8. 名無しの激おこさん

    有能な妻を持つと夫は苦労します

    奥さんの言っていることはおそらく正しいのでしょう。だからこそ、余計に反論しづらい。あなたの心中お察しします。
    頭のいい妻を持つと、夫は大変ですよね。稼ぎのいい妻を持つ夫と一緒です。なんとなく下に見られているような気持ちになる。
    しかし、あなたの奥さんは細かいですね。お仕事をなさっているとしたら、さぞかし会社の同僚も苦労していることでしょう。友達やご近所さんにも似たようなことを言っているのでしょうか。
    大きな声で怒鳴ったところで無駄ですね。あなたの奥さんは何も悪くない。ひょっとしたら、数年後には奥さんに対して感謝の気持ちが湧いてくるかもしれない。それまでグッとこらえるしかないですね。

  9. 9. 名無しの激おこさん

    理論的に自分の意見を言えるようになろう

    物事を理論的に考える人は理論的に反論しないと納得してくれません。妻が理論的に攻めてくるのが悩みということは、その内容自体は感情的あるいは経験的に間違っていると思っているんですよね。その間違っているところが何か、なぜ間違っているのかということを理論的に説明できないと問題は解決しません。学者がひとつの問題について様々な結論を導き議論していることからもわかる通り、理論的に全く異なる結論を導くことは可能です。もし理論的な思考が苦手ならまずは本などで勉強すること。理論的な思考に文系も理系も関係ないです。物理、化学の知識はなかなか対抗できないかもしれませんが、心理学や統計学の観点も立派な反論になり得ます。勉強は絶対に損にはなりません。妻の言い分をしっかり聞いて、どこが納得できないのか伝えることです。

  10. 10. 名無しの激おこさん

    女性は理論を武装するのが好き

    女性は統計学や数字をもとに理論武装をするのが男性と比べてとても好きな生き物です。私もちなみに女性ですが、男性と口論する時には必ず根拠を固めてから始めます。
    あなたの奥さんは何も悪気があってあなたに理論武装して口論しているのではないと思います。あなたに冷暖房費を節約して欲しくてそう説いているのです。
    ただあなたの暖かい部屋でぬくぬく過ごしたいという気持ちも良くわかります。あなたが冷暖房費を払っているのであれば、奥さんは何もとやかく口を出す権利はないと思います。奥さんにあなたがそれらの費用を払っているのだから、そんなにいちいち気を使わなくていいと言ってみたら良いと思いますよ!

  11. 11. 名無しの激おこさん

    知識で責められたらデータ収集を

    何かと論理的に押し付けられると咄嗟に言い返せず、頭にきてしまう気持ちよくわかります。ですので、論理的に責めてくると言う事がわかっていたら、先回りして情報収集し、データを集め、立証してたたきつけてあげましょう。その論理的なことが本当かどうかも含め、調べてみて下さい。逆に寒い部屋で風邪を引いた場合の医療費など、かえってお金がかかるなど、そういったことで反論してみましょう。何より、家でくつろげなくなってしまうので、そういったメンタルに支障をきたした場合働けなくなったりのリスクがあるのです。あまり妻に追いやられていると夫も病気を抱えかねません。涙ながらに、これじゃ休まらないし毎日楽しくないと訴えてみてはいかがでしょうか。

  12. 12. 名無しの激おこさん

    腹が立っても取りあえずは分かった風な態度を見せましょう。

    そのような事は結婚する前のお付き合い状態で大体は分かるものですが、もう結婚してしまっているので大変なお気持ち察します。
    理系的な解説をしながら相手を納得させるのは悪くはないと思うのですが、○○学的にはなどといちいち問い詰めてくるのは少々理屈っぽすぎる感じはします。
    自分を賢いと思っている人ほど鼻につく理屈屋になってしまいがちですので、奥様の精神状態を少し落ち着かせた方がよいのかもしれません。
    また奥様の理路整然さに反論できないもどかしさで大声を発しても、更に理論的に理解させようとしてくるでしょうからお互いに毒だと思います。
    本当は腹が立っているけど分かった風な態度だけを見せてみると少しはマシになってくれるかもしれません。

  13. 13. 名無しの激おこさん

    癖はなかなかなおせません

    奥様が理論的説明されている様子が想像できますが、これは奥様の癖ですね。
    癖はなかなかなおらないと思います。
    その癖も含めてあなたはご結婚されていると思いますので、ここは大目に見てあげてください。
    部屋が寒いなら重ね着するのは、よく考えると普通なことだと思いますし、奥様も節約をしたいという気持ちの表れではないでしょうか。
    ただ、夏場の冷房についてはこまめにつけなければ、熱中症といった症状が発生し、かえって体を悪くしてしまいます。
    あとは全てを間に受けてはならないと思いますので、たまに聞き流す程度で奥様の主張を聞いていただくのが良いと思います。

  14. 14. 名無しの激おこさん

    言い方を変えてもらえたらいいですね。

    私はどちらかというとご主人寄りの考えです。論理的なことを知りたいんじゃないんですよね。節約して厚着して寒い部屋に居るんじゃなくて、薄着で暖かい部屋で快適に過ごしたいんですよね。そのことが奥様に伝わっていないんじゃないでしょうか?奥様からしたら、何も知らないご主人に論理的な事を教えてあげようってことなんでしょうね。他のことは我慢するから、このぐらいの贅沢は許してくれとお願いするのは駄目でしょうか?「僕も大きな声を出したりするのはごめん。論理的なことを言われても分からないから、自分に分かるように説明して欲しい。(奥様の)自分の言葉で説明して欲しい。」と話し合いしてはいかがですか?

  15. 15. 名無しの激おこさん

    納得できる会話で勉強になる

    むかつくという考え方は捨てましょう。ご夫婦で仲良く生活していくためには、奥様の話を楽しく聞くことが一番かもしれません。奥様は間違ったことを押し付けようとしているのではなく、正しいことを言っています。
    奥様の話を興味深く聞いてみるのはどうでしょうか。勉強にもなり、スキルアップにつながります。奥様の情報を愚痴とともにブログに書いて、ストレス解消するのもおすすめです。
    奥様の論理的なところを好きになったのでしょう。大きな声を出さずに、落ち着いてください。勝ち負けではなく、ご主人のために奥様がアドバイスをしてくれているのです。