人に節約を強いるくせに自分の物はどんどん買っていく妻に納得できません

妻は私の知らない間にいろいろなものを買ってきます。収納をするためと言って棚を買ったり、今度お友達と会うからといって服を買ったりとお金の浪費が結構激しいです。買ったものの中には、一度使ったらもう二度と使わないようなものも数多くあり、そのままタンスの中にしまわれているものも多いです。
それでもなんだかんだと理由をつけていろいろなものを買っています。私が何か欲しいときには、理由をつけて説明をしてもお金がないと言って拒否をされてしまうのですが、自分の物の場合はどんどん買っていく妻が納得できません。何とかならないものでしょうか。

0
 

    みんなのコメント

  1. 1. 名無しの激おこさん

    お話を聞いてあげてください

    耳が痛いですね。浪費はよくありませんが、女性にとってお買いものは一種のストレス発散でもあります。普段からお話とか聞いてあげていますか?なにか御主人にご不満があるのかもしれません。私もよくするのですが、欲しいなー、と迷っているときに主人が話を聞いてくれなかったりすると、イラっとしてついつい当てつけのように買ってしまったりします。ご主人の物を買ってもらえない場合は、奥様のショッピングに一緒に行かれてみてはいかがですか?二人で楽しくお買い物も奥様のストレス発散になり、ご主人の物も一緒に購入してもらえるかもしれませんよ。そして、ご機嫌のいいときに浪費の件もやんわりとお話されてもいいかもしれません。

  2. 2. 名無しの激おこさん

    家計簿をきちんとつけて話し合う

    もしかしたら、奥様にとっては何かを買うということがストレス発散になってるのかもしれませんね。それが少々のことなら目をつむっておくのも有りですが、放っておくとどんどんひどくなっていくようなら問題ですよね。
    奥様はお金の収支を把握してるんでしょうか?家計簿はつけてるのかな?一度、きちんと全てを家計簿につけてみたら、どんなに無駄なことをしているのかが分かるかもしれません。それをもとに冷静に夫婦で話し合うのが良いのではないでしょうか。このままだと、家計が破綻してしまう気がします。きちんと数字として目に見えるものにして、話し合ってみましょう。

  3. 3. 名無しの激おこさん

    まず買ったものを整理してみませんか

    あなたの気持ちはよくわかります。
    もしこのような場合には、まずは買ったものの量など目に見えるようにしてあげる必要があります。
    例えば、一度タンスの中にしまわれているものを整理してみませんか。
    使っていないもの、たまにつかっているもの、よく使っているものと3種類に分けて、整理してみましょう。
    使っていないものやたまにつかっているものが多ければ、その必要性を奥様に確認してみましょう。
    奥様は浪費家ということですが、このように買ったものをきちんと見せてあげないと、なかなか響きません。
    またお給料も有限ですから、将来のことを見据えてきちんと貯めるものは貯めておくことが必要な時代になってきていますので、お互いに理解をしていかなければ将来の生活が危ぶまれます。

  4. 4. 名無しの激おこさん

    フリマサイトを勧めてみてはどうでしょうか。

    女性は買い物が好きなものですからね。それにしても自分のものだけどんどん買うのは腹が立つことと思います。奥様が勝手に買い物をするようにあなたも余程高額で無いものなら相談なしに購入してもいいと思いますよ。
    1度着ただけのタンスの肥やしはフリマサイトへの出品を提案してみてはどうでしょうか。もちろん責めるよう言うのではなく言い方には気をつけて下さい。買ったものの失敗だった買い物って誰でもあるものです。ちょっとしたお小遣い稼ぎになるので、買うだけでなく売るのもストレス発散になるかもしれません。もしかしたら奥様の買い物癖に歯止めがきくようになるかもしれませんよ。

  5. 5. 名無しの激おこさん

    使えなくなるようには出来ないのですか

    男性、女性に関わらず浪費家、買い物好きな方はいますよね。購入すると言う事はお金やカードがあるからですよね、それを制限する事は出来ないのでしょうか。カードなら没収、現金なら最低減で渡す、銀行の通帳とカードは旦那さんが管理するとか。浪費家は余程の事がない限り治すのは大変かと思うので、最初から使えなければ問題ないのでは。奥様が自分で稼いだお金なら、あまり強くは言えないと思いますが、老後の話としてお金は残しておかないと何があるか分からないと言う感じに話合うのも良いと思います。今は50代から終活している人も多い世の中です。老後の設計も早いに越した事はありません。後は着ていない不要な洋服なんかはリサイクルショップに売るのも良いのでは。二足三文ですが。

  6. 6. 名無しの激おこさん

    買い物依存症の一種かと思います

    女性は買い物が好きな人が多いようです。ですから雑貨や収納や服などショッピングと名のつくものならなんでも買い漁るという人がいるようです。その場合本当に必要なもの以外のものをポンポン買ってしまうというのは日頃のストレスを発散するために、ついやってしまうようです。これは立派な買い物依存症の始まりでしょう。ですからストレスの根底にあるのがなんなのかを話し合って見つけ出すことが大切です。欲しいものをどんどん買っていては、経済的な問題も出てきます。ですから必ず早いうちに手を打つことが大切だと思います。買い物依存は心療内科などでも対応してくれるところがありますよ。

  7. 7. 名無しの激おこさん

    できるだけ一緒に買い物に行こう

    奥さんが、自分で必要なものを買いに行ってしまうと言う事はよくあると思います。こうしたときには、自分も一緒に買い物に行くのは良いのではないでしょうか。買い物を奥さん任せにしていると、本当に好きなものを買ってきてしまいます。私の家も似たようなところがあります。
    そこで最近では、できるだけ一緒に買い物に行くようにしています。こうすることによって奥さん1人の意見だけではなく、自分の意見を聞いてもらうことができるので、購入する品物を吟味することができますし、後になって不必要なものを買わなくても済みます。1人よりも2人だと思います。

  8. 8. 名無しの激おこさん

    奥さんのお小遣いを減額してみたら?

    あなたの奥さんは専業主婦をされているのでしょうか?だとしたらあなたのお給料を相当普段から無駄遣いしていると考えて良いでしょう。
    奥様にあげるお小遣いの額を一層の事減らしてみたらいかがでしょうか?奥さんもこれではいけないと思って、無駄遣いをしなくなることでしょう。
    もしも奥様が専業主婦でなく共働きの家庭で、お財布も別なのであれば、あなたがとやかく口を出すことはできないと思いますが、全ての出費をあなたのお財布から出しているのであれば、奥さんに言っても浪費癖が治らないのなら、あなたがお小遣いをあげないか減額することで解決できる問題だと思います。

  9. 9. 名無しの激おこさん

    家族の買い物と自分の買い物

    収納するための棚は家族のために購入したものです。洋服は自分のためです。奥様がお財布のひもをしっかりと握っているのですね。
    今度、家計簿を見せてもらってください。何にどれくらい使っているのかがわかれば、納得できるはずです。もし奥様が必要ないものに使っていたら、指摘してあげてください。気が付いていないのかもしれません。そして、ご主人が欲しいものはどんな風に必要なのかきちんと説明して、納得してもらいましょう。ご夫婦のお金です。計画的に使うことが大切です。欲しいものはたくさんあると思いますが、将来のために貯金をすることも考えましょう。

  10. 10. 名無しの激おこさん

    お金の管理者を変えてみては?

    それは…ひどいですね。あなたの稼いだお金なのにあなたは自由に使えなくて、奥さんが特に使わないであろうものに浪費するのは、気分も悪いですし、将来のための貯蓄を考える上でもよくない状況ですね。お金の管理は奥様がされているのですかね?であれば、一度何にいくら使っているのか把握したいから教えてと、聞いて現状を見て、きちんと話し合い、無駄なものや今持っていて使えるものはなるべく長く使おうなど、取り決めをしてみては?貯蓄は出来ているのでしょうか?それも確認したほうがよさそうです。あまりに改善されないならあなたがお金を管理して、奥さんにお小遣いを渡しては?

  11. 11. 名無しの激おこさん

    そのことを一度がつんと言ってみましょう。

    奥さんは専業主婦なのでしょうか。仕事をしているのであればある程度の贅沢は許される気もしますが、専業主婦でそのような態度を取っているのであれば理不尽ですね。自分の時は何かと理由をつけて買って、こっちが何か欲しいものを買うとかは許されないなんてありえないですね。私もそれには納得が出来ません。お小遣いを増やしてもらうとかも厳しそうですか?お小遣いを増やしてもらったらそこの中でやりくりすると言ってみてはいかがでしょうか?もしくはそのことをそのままがつんと伝えてみることも一つの手だと思います。変わってくれたら良いですね。

  12. 12. 名無しの激おこさん

    それはストレスが溜まってしまいます。

    お金の事って本当にストレスが溜まりますよね。
    奥様は専業主婦で、家計も奥様が握っているのでしょうか?切り詰めて家計を回していかなければならない時だと余計にパートナーの買い物には敏感になってしまいますよね。旦那さんがお小遣い制、一方奥さんが好き勝手お金を使っていたら誰でも苛立ちを覚えます。きっと旦那さんもそれを咎めたりしなしお優しい性格なのでしょう。
    奥さんもきっと旦那さんに言われないので、好き勝手に何か物を買っていいと思ってしまっているのではないかなと思います。
    もやもやをためたままではなく、一度奥様に気持ちを伝えてみてはいかがですか?しっかり話せばわかってくれると思います。

  13. 13. 名無しの激おこさん

    浪費癖は将来の家計に影響する事を教える

    なかなか浪費癖を治すのには苦労を要する事です。ですが、今流行の断捨離を実践させてみて下さい。本を読ませることから始めてもよし、あなたが先にやってこんなにすっきりして、無駄な物がたくさんある事を示すのです。断捨離に乗ってきたら、自分で学習すると思います。やはり、要不要の判断なしにして浪費癖は治せません。こんなに浪費していたんだ、と気付くのはやはり物と向き合ったときです。それと、将来の設計を一緒に考えることです。ライフプランニングをして、マイホームや子供の進学、老後の備えまでにいくらかかるか、必要で、どうして行くべきかを専門家を交えて提示するのです。このままではヤバいと思わせる事ができたなら、奥様の浪費にも歯止めがかかってくると思われます。

  14. 14. 名無しの激おこさん

    買い物はいつも一緒にする

    奥さんは、買い物に行くとついつい、色々なものが欲しくなって買ってしまうのだと思います。商品を見て便利だなと思ったり、服を見て可愛いなと思って買ってしまったりするのではないかなと思います。いわゆる衝動買いというものです。それをやめさせたいなら、買い物に一緒についていくべきです。1人で買い物に行くと、判断能力が下がって、なんでもかんでも買ってしまうのです。それをあなたが止めてあげればいいのです。同じようなものは持っている、今は必要ないなど、助言してあげれば、奥さんも無駄に買い物をしてしまうことも減ると思います。

  15. 15. 名無しの激おこさん

    環境に甘えさせないようにする

    奥様、けっこうな浪費家ですね…。それも買ったまま使わない、一度きりになるのは典型的な無計画タイプですね。このままではどんどんエスカレートしていってしまうので、一度しっかりやめさせないといけませんね。まず、大前提としてお金の管理です。浪費家、ということは手元にいつでも使えるお金がたくさんある、という事なので、それを見直してはいかがでしょうか?専業主婦をされているのなら、生活費を減らして渡す、クレジットカードの上限額を下げる、など一定以上使えないようにしておくと効果的です。あとは一度きりで使っていないものをフリマやリサイクルに出してしまう。少し厳しいようですが、無計画な浪費家タイプは一度くらい痛い目を見ないとなかなか治りませんので頑張って下さい!

  16. 16. 名無しの激おこさん

    奥さんにもお小遣いの金額を決める

    浪費の激しい奥さんはちょっと心配になりますよね。
    何も買うなとまではいかなくても家計のやりくりに支障がでるような買い方はのちのちトラブルになりかねませんし。
    お互い平等に買いたい物がやりくりの中で買える事が理想ですよね。
    そうでなければ「何の為に働いているんだろう?」に繋がりストレスになってしまいます。
    家計の管理は全て奥さんなのでしょうか?
    管理は任せてもいいと思いますが、奥さんにも自分の物を買っていいお小遣いを決めるといいかもしれません。
    拒否されてもそこは譲らないスタイルで、少し強気な態度にでて良いと思いますよ。