お義母さん、お願いだからいらないものを買わないで

お義母さん、お願いだから必要のない食品とかを喜ぶだろうと思って大量に毎度買わないで欲しい。自分たちの好きでもないものをもらっても正直ありがた迷惑で、生ごみが増えるだけで困っています。いらないものをもらって捨てるくらいならお小遣いをもらうほうがよっぽどありがたいです。しかも私が買ったものないのに、家族には不評で文句を言われてしまうのは、苦痛でたまりません。食べ物がない時代に育っているので反動なのか、不必要に買いすぎです。こちらも計画に買い物をしているつもりなので必要のないものが増えると、買っているものまで無駄にしてしまうこともあり本当にしんどいです。

0
 

    みんなのコメント

  1. 1. 名無しの激おこさん

    わかります、いらない物を買って来る親の気持ち

    ああ…このお姑さんはまさに私の母親と同じようなタイプですね。
    別にいらないのに安かったからとかいう理由で食べ物を買って来たりするんですよ。
    私は食べない物まで…。
    前は服もいらないのによく勝手に買って来ていました。
    服はいらないと言ったので買って来ることはなくなりましたが、最近だと持ってるのに毛糸のパンツを買って来ましたよ。
    ここは旦那さんからピシっと言ってもらうしかないですね。
    自分の親なら言えるけど旦那さんの親だと言いにくいですもんね。
    けど中々買わないようにさせるのは難しいと思いますよ。
    私の母だってそうなんですから。

  2. 2. 名無しの激おこさん

    気持ちわかります。でも、食べ物なら、ご近所に配るのはどうでしょうか?

    気持ちわかります。でも、食べ物なら、ご近所に配るのはどうでしょうか?
    大量にもらうと食べきれなくて困りますが、少量ならちょっと嬉しくないですか?
    思い切って、食べきれなくて毎日続いて家族内で不評なら、
    周りに配ることをお薦めいたします。
    もちろん場所が都会であったりすると、面倒に感じる方もいらっしゃるとは思いますが、
    タダで少量もらう、気の知れた人にもらう、地方の特産品をもらう。
    そういうことはとても嬉しいものです。
    自宅のみで消費せず、周りと分け合うと、ご近所づきあいの一つにもなりお薦めです。
    少し面倒かも知れませんが、ぜひしてみてくださいね!

  3. 3. 名無しの激おこさん

    食品だけならまだしも

    それありますね。こっちも考えながら買い物して、冷蔵庫や冷凍庫の容量も考えてるのにそれ以上に買ってこられるのでしまいきれないんですよ。冷凍庫なんていつもパンパンでアイス入れたくても入れれない。
    でも正直いうと食品は消え物なのでいいんですけど自分で買ったマッサージ器具とか健康器具、サイズが大きすぎる靴下などが困りますね。自分で選んだのに結局やらないからあげるとか言われてもこっちの家はそんなに広くないから必要無いものは極力置きたくないし健康器具はまだいらないですよ。サイズが大きい靴下だって私が貧乏性だから使ってますけど、履いているうちに下がってきて気持ち悪いんですよ。サイズはきちんど確認してください。

  4. 4. 名無しの激おこさん

    捨てるに捨てられなくて困ります

    すごくわかります。うちの義両親も安いお店でいつも大量に買っています。好きなものなら嬉しいしありがたくもらえるけど、好きでないものをもらっても困りますよね。
    「これ食べる?」と言われて「実は苦手なんです」と答えたようなものもなぜか毎回お土産で買ってきてくれたり、「結構です」と言っているのに「あったら食べるでしょ」と大量に野菜をくれたり・・うちの義両親も食べ物がない時代に育っているので、あれは反動だったのか!と納得です。狭い家なのに不必要なものばかり増えるし、義両親にもらったものだと捨てるに捨てられないし、せめて一緒に買い物に行って断る権利が欲しいです…

  5. 5. 名無しの激おこさん

    買いだめる人はなかなか変わらない

    同居なんですかね?
    たくさん買いだめしてくるんですね。なかなか変わるのは難しそうですね。何かを貯め込む人って何かがたりないようですよ。何かに不安があるとか。本で読みました。同居ならこれはあまり好きじゃなくて誰も食べないとか伝えていかないとお金がもったいないですよね。
    伝えれる範囲で伝えていくしかないのかなと思いました。実家に行ったときとかにもたされるなら、私なら主人に言ってもらいます。私も義実家に行くとお菓子やビールなどもたされるので。するめにはまってると主人が言ったらするめばっかり入れてきてたまるので主人に言ってもらいました。

  6. 6. 名無しの激おこさん

    捨ててしまうのはもったいないことを理解してもらえれば

    昔の人は、食料のない時代を過ごしてきているはずなので、食料の有り難みを知っているはずです。遠回りにダメにしてしまってる食材を認識してもらうことしかないのではないでしょうか。子供に対して、食べ物を残すことを注意するのを姑さんにも聞かせて、姑さんから食べ物の大切さ、食材を残さないようにすることを子供に話してもらうことが出来れば、自分自身が食材を余らせている事態に気づいてくれるかもしれません。良かれと思っていることを咎められるのは、非常に悲しいことです。いう方も言われる方も嫌な気持ちになるので、気づいてもらう工夫をしてはどうでしょうか。

  7. 7. 名無しの激おこさん

    かわりに孫にこづかいをあげてくれと言う。

    気持ちはありがたいですが、これはかなり迷惑な話ですね。せっかく頂いても捨てるとなるとかなりもったいないですし。事情を話して断る事はできませんか?それでも無理なら、ご主人に話してもらうのも良いかもしれません。せっかく買ってもらったのに、無駄にして使わないのが一番もったいないからと正直に伝えるのがお互いの為にもなるのでいいと思います。その分孫におこづかいをやってあげてくれないかと言うのも効果があります。そのほうが孫も喜ぶよと言ってあげたらお姑さんも嫌な気分にならないでしょうし、逆に喜ぶかと思いますよ。

  8. 8. 名無しの激おこさん

    家族から「要らない」と言わせる

    そうそう、義母世代の人ってとにかく「それってムダじゃないの?」と思うくらい大量に買い物してくるんですよね…。
    それにしても、義母が買ってきたものなのにご家族に文句を言われてしまうというのはたまりませんよね。
    家族に「おばあちゃんが買ってきてるのよねー。本当に困るわ」とアピールし、ご主人なりお子さんなり他の家族から義母さんに「要らない」という旨を伝えてもらっては?
    やはりどんなに丁寧に言っても嫁からだと角が立つものなので(笑)。
    それで義母さんに何か言われたら、「そうなんです、私はいいんですが家族が食べなくって…」と、あくまで家族が要らないと言っている、というアピールをすれば良いのではないでしょうか。

  9. 9. 名無しの激おこさん

    いらないものはいらないとはっきりと伝える

    あなたのおっしゃる通り、ものがない時代に育った人は、反動でものを買いすぎてしまったり、逆に、もったいないと言って、いつまでもものを取って置いたり、買わなかったりする人もいます。私たち世代の感覚とは、多少は違うことは許してあげて下さい。ですが、喜ぶだろうと思ってやったことでも、結局捨ててしまうのでは無駄になりますから、本当にありがた迷惑ですよね。ここは、きっぱりはっきりと、いらないものはいりませんと断ることも必要だと思います。絶対に食べるものや、使うもの以外は、心を鬼にして、受け取らないと決めて、それを伝えてみましょう。姑さんは、喜んで受け取ってくれていると勘違いしているのでしょうから、ぬか喜びさせるのはもうやめにしましょう。

  10. 10. 名無しの激おこさん

    ありがた迷惑ってこのこと!

    喜ぶだろう、助かるだろう、と思ってついついお節介をしてしまう、まさにありがた迷惑ってやつですね!食品って好き嫌いもあるし、調理もめんどうなものならなおさら迷惑ですよね〜!我が家のお姑さんは、食品ふありませんが娘にお洋服やおもちゃを買って来てくれるのですが、これがまたセンスの悪いこと!毎度毎度安い海外ブランドのしかもSALE品ばかりで、値札も取らず、しかも何故かネオンカラーやスパンコールものばかり…私服にするにもダサすぎるしお出かけ着になんてもってのほか!なのでそのままフリマに出していますが、やはりダサすぎるため購入者は現れず!もう邪魔すぎて困りますー!