結婚7年目帰りたくない家。今では帰るたびに自分への文句や愚痴の数々

結婚して7年目。
あれから7年・・・
今では帰るたびに自分への文句や愚痴の数々。
何事も自分へ結び付けて自分のせいに。
「あんたは安月給だからあたしは働いてるの。お互いフェアな状態なんだから
家事だってやんなさいよ!!」と強制的に台所へ。しかし行けば行ったで「あんたは言わなきゃ何もできない
それ違う!ここじゃない!もーイライラする」とやること全てにダメだし。
じゃー何すればいいんだよと言えば「そんなの様子を見てやるのよ!」と
そこでやってみると「勝手にやらないでよ!ここはあたしの城なの!いじくられるの嫌なの!」と勝手わがまま
極まりない嫁です。
最近は早く帰るのが嫌になりコーヒーを飲んで一服してから帰りますが、「遅い!何しててのよ!!」と罵声。
我慢の限界が近づいています。

0
 

    みんなのコメント

  1. 1. 名無しの激おこさん

    かなりやばい状況ですね

    これは歯車のきしむ音が聞こえてくるような文章ですね。しかし、まだ大丈夫です。油を注せばうまくいく可能性は残っています。あなたはストレスを抱え込んでいる状態です。
    積もり積もったストレスが破裂してしまったら、二人のどちらかが深く傷つくような結果になるでしょう。奥様はあなたを否定してこようとしてきているのですから、あなたが反撃に出てしまったら絶対にいけません。では、どうすればいいかということですが、あなたの弱さや傷をさらけ出してみましょう。もし、次イライラされて心無い言葉を言われた場合、子供のように泣いてみましょう。これで一気に関係性が変わります。奥様はようやくあなたの傷に気づくはずです。泣くという表現行為は、相手を傷つけずに、時として強い力を発揮することがあるのです。

  2. 2. 名無しの激おこさん

    奥様はもう少し家事の手抜きをした方がが良さそうです。

    大変な毎日ですね。休まる場所に帰っても、休めないのでは旦那さんもたまりませんよね。でも、旦那さんは奥様に比べるとまだ冷静に状況を見ておられます。強制的に台所へ行かされても、何をすればいいのかきちんと尋ねる辺りは、なかなかの落ち着きです。
    一方、奥様はかなり疲労困憊しています。旦那さんから見て、すごく強くて怖い奥さんに見えるかもしれませんが、もうかなりエネルギーがダウンしている状態で、パニックになっている感じです。また、女性は男性よりも家の中のことがとても細かく気になるので、家に居ながらも実は気が休まらないことも多々あります。”あたしの城”という言葉からは、かなり几帳面な性格も伺えます。
    たまには外で食事をしたり、晩御飯はお弁当にしたりして、安く家事の手抜きをする方法を勧めてあげて欲しいです。また、”城”と言う表現が出るので、今の生活が嫌いなわけではないことも付け足しておきます。

  3. 3. 名無しの激おこさん

    家に帰りたくないのもわかります

    なんだかすごい奥さんですね。
    奥さんもストレスが溜まってて、それを旦那さんにぶつけているような感じなんでしょうね。でも、やっぱり人間、言って良いことと悪いことありますからね。旦那さんを自分のストレスの捌け口にするのは良くないことですし、夫婦共働きならより一層仕事で疲れて帰ってきた旦那さんの大変さを分かっているはずだと思うのではですが、奥さんとしては『旦那が安月給だから働きに出てやってる』という感覚なのでしょう。
    奥さんにストレスの原因は何かと聞いてみてもいいかもしれませんが、旦那さんのすべてにおいてダメ出しするなら「ストレスの原因はあんただよ!」なんて言われてしまうかもしれませんね。これでは本当に身が持たないですね。

  4. 4. 名無しの激おこさん

    酷すぎます。一緒にいる意味あります。

    酷い話だと思います。完全に嫁が旦那を見下してますよね。完全にイライラの捌け口にされていると思います。結局どんな行動をしても怒られるんだから、何しても一緒な気がします。
    正直、一緒にいる意味ってあるのでしょうか。もはや家ではないと思います。コーヒーを飲んでる場所が『家』になっていると思います。仕事で疲れ嫁に罵倒され疲れて何のために生きているか分からなくなることありませんか。もしそうなら早い内に何かしら行動を起こすべきだと思います。一生に一度の人生。罵倒され続けて一生を終えるなんて嫌だと思いますし後悔すると思いますよ。頑張ってください。

  5. 5. 名無しの激おこさん

    家で安らげないのはつらいですよね。自分の気持ちを正直に話してみては?

    つらい状況お察しします。仕事が終わって家に帰っても、職場よりもストレスが溜まる状況では、気持ちの逃げ場がないですよね。少し状況は異なりますが、私も似たような時期があって苦しんだことがあります。家にいると動悸がしたり、その時は本当につらかったことを記憶しています。私の場合は、最悪別れることも覚悟し、自分の気持ちを正直に話しました。妻のどのような言動に傷つき、このままではもう耐えられそうにないと。そうしたところ、あまり自分では自覚がなかったようで、反省し、その後は気遣いをしてくれるようになり関係が改善しました。女性の場合、感情が前面に出て、自分の言動などを客観的に見ていない可能性もあります。正直に状況を伝えることによって、何か気づいてくれることがあるかもしれません。ただし、人によっては逆ギレされてしまい、最悪別れることになるかもしれませんので、覚悟を決めておく必要はあるかもしれません。少しでも状況が改善されることを願っております。

  6. 6. 名無しの激おこさん

    そんな家には帰りたくないですね…

    まさに鬼嫁ですね、怖いです。旦那さんがモラハラというのはよく聞きますが逆ですね。
    頑張って毎日働いているのに、あんたは安月給だからとか酷すぎます。
    お仕事毎日お疲れ様です。
    あーしてもこーしても怒られるんじゃどうしたらいいのかわかりませんよね。
    様子見てできるもんじゃありませんよね。
    そら帰りたくなくなりますよね。
    わたしも、仕事で疲れて帰ってきた旦那に愚痴をこぼしたり酷いことも言ったことがあるので反省してます。
    まず奥さんは何にイライラしているんでしょう。
    話し合いができそうならして欲しいと思いますが
    もうブチギレてもいいと思います。
    言いたいこと奥さんに全部言ってスッキリしてください!

  7. 7. 名無しの激おこさん

    1度困ってることを話し合うのをおすすめします。

    それはなかなかひどいですね。お子さんがいらっしゃるのでしょうか。奥様は何にそんなにイライラしているのかがわかると良いのですが。確かに私も共働きなので家事を分担してもらえると助かるのですが全てにダメだしをされるとやりたくもなくなりますよね。その奥様はただ言いたいだけなのか本当にやって欲しいだけなのかわからないですね。例えばやって怒られるのが嫌だったら「これやるけどいい?」と聞いてみてはいかがでしょうか。すごく下からですが、奥様が上でいたいと思っているのなら少しはこれでよいと思います。ただ、正直ここまで感謝の気持ちがなくなると一緒にいたくなくなるでしょうし、1度お別れすることも考えてみてもいいかもしれないです。その事を伝えてみてはいかがでしょうか。なにかの機会が無いとずっとこのまま変わらないと思いますし、これからずっと帰る家です。嫌なところには絶対帰りたくないと思います。頑張って話し合ってみた方が良いかもしれません。

  8. 8. 名無しの激おこさん

    料理以外を対応されては?

    それはつらいですね…まあ奥さんも疲れて帰ってきているからイライラしてしまうのでしょうが、あなたも疲れているのに家でもそれではそりゃ帰りたくなくなりますよね。家の方が辛いですもんね。
    台所で主に怒られるようなので、話し合って、料理以外を自分のテリトリーとして仕事を分担するのはどうですかね。お風呂やトイレ等も含めた掃除は自分がやる、とか。もちろんそれは手を抜かずに頑張らなければならなくなりますが、台所で怒られることは無くなるでしょう。
    あと、料理に関してですが、休日が一緒なら土日にかなりの数の平日用の作り置きをしておくとかなり楽ですよ。

  9. 9. 名無しの激おこさん

    家事も一緒にやってこなかったツケかもしれませんね

    お気持ち、よくわかります。
    安月給だから、という一言も大変きつい言葉だと思います。
    7年間でだいぶ奥様も変わってしまったようですね。
    ただ、7年間のうちであなたにも何らかの理由があってこのような状況になっているのではないでしょうか。
    例えば家事はどうでしたか。一緒にやられて来ましたでしょうか。
    もし、お子様がいらっしゃる場合には育児はいかがでしたか。
    これらの家庭でのお手伝いができていなかったのでれば、これからやっていくしかないですね。
    奥様を観察し、家事の内容を抑えていくことも手です。
    色々嫌なことを言われるかもしれませんが、見よう見まねでやるしかないですね。

  10. 10. 名無しの激おこさん

    大目に見て褒める作戦?!

    うーん。家事をしろと言われて、入ったら怒るのは有り得ないですね!私も結婚10年目ですが、主人が台所に立ってくれるとどうしたの?!って思うぐらい嬉しいです(笑)共働きの時も、主人が月給安いからなんて思った事はないですね。コーヒー1杯飲んで帰ろうかなってよっぽどきついんですね。やっぱり愚痴や文句ばかりでは気が病んでしまいますよね。うちの主人も怒りっぽいのですごく共感できます。褒める事はしないの?!っていつも思ってしまいますね。私はなるべくしてくれたら素直にありがとうと言う様にしています。ここは大目に見て、相談者様がありがとうなんていうと奥様も素直になるかもしれないですね!

  11. 11. generic nortriptyline

    I am commenting to let you know of the great encounter my friend's daughter found reading your site. She figured out numerous issues, not to mention what it's like to have a wonderful giving mindset to have men and women quite simply have an understanding of selected hard to do subject areas. You really exceeded our expectations. Many thanks for giving the insightful, safe, explanatory and as well as easy thoughts on the topic to Janet. https://pamelornortriptyline.com/