晩御飯を何でもいいと言ったら「何でもいいよが一番困るのよ!毎日、献立考える身にもなって!」と強い口調で返ってきた

休日になると妻はいつも私に「今日の晩御飯は何食べたいの?」と聞いてきます。
その日、私は「何でもいいよ」と答えました。すると妻は「何でもいいよが一番困るのよ!毎日、献立考える身にもなって!」と強い口調で私に言いました。
実は以前もこのやりとりでケンカになった事があり、その後は妻に献立を聞かれると今日はハンバーグとポテトサラダと具体的にリクエストするようにしていました。
すると、ある時に妻が「そんなに細かく食べたいものをリクエストしないで!買い物に行くこっちの身にもなってよ!」と強い口調で私に言い放ちケンカになった事もありました。勿論、毎日の献立を考える事は大変だと思います…でも、結局は妻の気分次第な所もあるわけです。最近では休みのご飯が憂鬱になってきました。

0
 

    みんなのコメント

  1. 1. 名無しの激おこさん

    一緒に休日を楽しむ感覚で。

    あーこれ結構どこの家庭もあるあるですね!うちもそうです(笑)何を食べようかで喧嘩してしまいます。だから休みの日余裕があれば、安い所でもいいので外食がお勧めです!洗い物も作る手間も省けてその日は晩御飯作らなくていいので、奥様も負担が減るかと思います。リクエストして細かい!って言っちゃうのは完全に私達女性陣のわがままですね。じゃあ一体何を言えば言いんだって怒られても納得です。休日ですから、一緒に買い物行ったり一緒に作ったり、たまに作ってあげると奥様も喜ぶと思います。もちろん毎回は大変なのでたまにで。意外にも嬉しいものですよ!

  2. 2. 名無しの激おこさん

    ローテーションを作りましょう

    聞いておいて、こっちが答えると、何だかんだ文句を言う。だったら聞くな!ってことよくありますよね
    うちなんか休みの日の朝から「晩御飯何食べたい?」、晩御飯が終わると、「明日何食べたい?」、ふざけんなって感じです。
    そんな時、わたしは「ローテーションを作っとけ」って答えます。新しいものをレシピ見ながら作るのでなければ、献立は周期的に回していけば済むはずです。気が向けば、何か新しいものに挑戦してもらって構わないですし、定期的にローテーションを見直しても良いと思います。ローテーションが出来ていれば、何もなければローテーションを回していけば献立を考える必要はありませんし、同じものばかりということもありません。一度提案してみてはいかがでしょうか。

  3. 3. 名無しの激おこさん

    和洋中のジャンル分けで目星をつけましょう。

    大変ですね。奥様も悪気はないし少しでもあなたの為に料理をしたいという気持ちがあるからこそですが、それで喧嘩になってしまっては本末転倒ですものね。
    奥様の為を思ってリクエストする際において、メニューを1品ずつ具体的に述べるのはレストランではないので確かに少々やりすぎのような気もします。
    解決策としては大まかに和・洋・中・その他というジャンル分けにして、その中で何となくこれかな程度で提案してみてはどうですか?
    膨大な料理名毎にあれこれ迷うよりは、そのような方法でいった方がイメージが沸きやすくなると思います。
    しかし、要は何を食べても美味しいからこその迷いだと思うので何とも羨ましい相談内容です。

  4. 4. 名無しの激おこさん

    ~系で答えるか、ルーティンにする

    確かに毎日の献立を考えるのって意外と大変なんです。食事を作ること自体は苦じゃないのですが、毎日違うメニューをと思うとなかなかストレスになってきます。
    そういう時に「なんでもいい」と答えられると、ストレスも爆発するわけです。そういうときは「中華」とか「肉」とかざっくりした好みで答えると、献立のヒントになってしかも負担も少なくてありがたいかもしれません。あと、うちの場合ですが、休日などのメニューは基本ルーティンにしちゃってます。日曜は必ずカレーとかそういう感じです。もちろん例外の日もありますが、1週間に一度家族の好物に設定しておくと、それだけでもかなり楽なのでお勧めの方法です。

  5. 5. 名無しの激おこさん

    外食つれてってあげましょう!

    奥様の気持ちが激しくわかってしまいました(^^;)
    献立考えるのって本当に苦痛なんですよね…奥様の本音というかいちばんの希望は、「今家にある材料を把握したうえで、できるものは何か一緒に考えてほしい」んだと思います…。でも、もちろん家族が喜ぶものを作りたいと思うから、「何食べたい?」って聞き方になるのです…
    私も「何食べたい?」で旦那とケンカになるので、今度から「これとこれ使って作れるもの、何かない?」って聞き方に変えようと思いました(笑)
    休日の献立に限った悩みなら、思いきって「たまには外食しよ!」がいちばんだと思います!奥様も憂鬱なのでしょう…。ただ、無駄遣い!と怒り出す可能性もあるので、ご主人様のおごりで行ける時にする方が無難だと思います~笑

  6. 6. 名無しの激おこさん

    そこまで理解してくれたら奥様も助かりますが、もう少し気楽に考えても大丈夫だと思います

    毎日作る方は何かしらこれ食べたいって言われた方が有難いし、すごく助かります。奥様のわがままもありますが、何がいい?って聞かれたら、メインとなるおかずだけ答えてもいいと思いますよ。副食まで言われると使いたい冷蔵庫の物が使いきれなかったりとあると思います。ただ、そこまで言ってもらえて、ましてや、献立考えるのを大変って分かってもらえるだけで、本当に助かると思います。ご飯を食べる時はやっぱお互い楽しい雰囲気で、またホッとしたいと思いますので、献立も今日はこれ作ってもらおうっと少し気楽に考えてもいいと思いますよ。

  7. 7. 名無しの激おこさん

    どこのお家も一緒ですね!

    なんだか読んでて笑ってしまいました。どこのお家でも一緒なんですね。ハンバーグとポテトサラダって結構手間がかかりますよ。ハンバーグは捏ねるのに手が汚れるし、ポテトサラダは下ごしらえが色々あります。今日は俺がスーパーで適当にお惣菜買ってくるよ、久しぶりに回転寿しに行こうか、今日は俺が作るよ!なんて言ってもらえると私は嬉しいです。冷蔵庫を覗いて、鶏肉と卵があったら「親子丼」も範囲内です。奥様は専業主婦ですか?どっちにしても奥様だって週末の一食ぐらいはお休みしたいのです。高級レストランはいりません。今日は簡単にほか弁にしよう、なんて言われてみたいです。

  8. 8. 名無しの激おこさん

    ある食材を言えばいいかもしれません

    確かに「何でもいいよ。」が一番困るのはわかります。「何でもいいよ。」=「どうでもいいよ。」とさえも思えてきますし、何でもいいよと言った割には料理にケチつけられるとイラッとしますし。きっと奥さんは簡単な料理を言って欲しいという気持ちもあるんでしょう。でも、料理が得意ではない旦那さんにとってはどの料理が作るのが大変かなんてわからないですよね。ある特定の料理を言うのではなくて、「じゃがいもを使った料理が食べたい。」などと食材を言えば奥さんとしては良いのかもしれないですね。それか、「たまには外食しようか。」と旦那さんに言って欲しいのかも知れませんね。

  9. 9. 名無しの激おこさん

    簡単そうなメニューを言ってあげて下さい。

    何が食べたいのかではなく、本当は単にメニューを考えるのが面倒なだけで言っている質問なんですよね。あなたのリクエストに応えてあげようと思って質問しているのでは無いと思います。
    カレーとかシチューとかお鍋とかパスタとか、作るのが簡単そうなメニューを応えてあげてみて下さい。奥様もぐっと気が楽になって機嫌を損ねることは無いと思いますよ。
    「たまには外に食べに行こうか」とか「今夜は俺が作ろう」と言った応えが何より奥様の求めている返事かもしれません。なかなかそこまではしてあげられないでしょうが年に数回くらいそういう応えも言ってあげるのが家庭円満の秘訣だと思います。

  10. 10. 名無しの激おこさん

    カテゴリーで答えてあげるといいかもしれません。

    毎日の食事を作るにあたって、奥様はご自宅に残っている食材を使って調理したいのではないでしょうか?
    例えばメインのハンバーグ、だけリクエストする。
    そうすると副菜は奥様が残りの食材で考えることができます。
    またはもっと大雑把に 揚げ物 とか 麺類 辛いもの 中華
    などカテゴリーでリクエストしてみると奥様もそのリクエストの中から
    冷蔵庫の中にある食材をみて献立を考えられるのではないでしょうか。
    リクエストをしても結局全く違うメニューが出てきても怒らないであげてください。。
    女性って結構そういうものなのです。。。

    あとは休日ということなので奥様と一緒に買い物に行って献立を考えるのもデートみたいで楽しいかもしれませんよ。
    「買い物に行くこっちの身にもなってよ」という文面からなんとなく1人で買い物に行くことに不満を持っているような感じもします。

  11. 11. 名無しの激おこさん

    献立を考えるのは正直大変です。

    献立で毎回ケンカになるのは疲れてしまいますのでできれば避けたいことですよね。
    奥さんももう少し優しい口調で言ってくれればいいんですけどね。
    言い方ってケンカに直結すると思います。
    まずはあなたから、普段よりも優しく話すことを心がけてみるというのはいかがでしょうか。
    それにつられて奥さんも優しく話してくれるようになればラッキーくらいに考えて、試してみてください。
    献立でのケンカを避けたいのであれば、休みの日はあなたがご飯を作るというのはどうでしょうか?
    奥さんも献立を考えたり買い物したりする手間が省けるので、喜んでくれるかもしれません。