妻が俺に対して冷たい。家の中での俺の価値って

仕事から帰って、風呂に入ったら湯が入っていなかった。
初めての事だったので何か怒らせる事でもしたかと思って恐る恐る聞いてみたら「今日から洗濯物に使うことにしたんだけどお湯の方が汚れが落ちるんだって」と自信満々に。
それは俺が風呂を出た後でも良いと思うし、湯がないならないで、入る前に一言言っておいてくれても良さそうなのに。
じゃあ飯食うわって言って出てきたのはご飯と冷奴と味噌汁だった。
もしかしてだけど、俺の稼ぎが足らないよ!って遠回しにアピールしてるのか?!
それなら昼飯を毎日外食するのを、辞めろよ!
昼は牛丼、夜は冷奴。なんのために働いているのか。

0
 

    みんなのコメント

  1. 1. 名無しの激おこさん

    それは少し可哀想ですね

    お風呂の件は、百歩譲っていただき許すにしても、頑張って働いて帰ってきた主人に言ってそのような夕飯を出すというのはひどすぎます。おそらく、奥様にも何か考えがあってのことなのでしょう。これについては話し合った方が良いかもしれませんね。このままですと、お互いの気持ちがすれ違ったままになってしまいそうなので、奥様の方でも不満があるのであれば聞いてあげるのも良いかもしれません。その上で、ご相談者様の現状の不満についても話された方が良いと思います。出来る限りヒートアップまでしないように落ち着いて話してみてくださいね。

  2. 2. 名無しの激おこさん

    今一度真剣に話し合いをする時期がきているかもしれませんね

    仕事から疲れて帰ってきたのに風呂にも湯が入っていなかったり食事は冷奴と味噌汁だけというのはあまりにも可哀想ですね。あなたが奥さんに対して腹がたつのも当然です。あなたの稼ぎが仮に足りないのだとしても、一生懸命働いている上での話ですし、それをアピールするなんてひどい奥さんだと思います。思いやりがないと言うのか呆れてしまいます。しかも昼食を毎日外食しているんですか?それってありえませんよね。これは、一度しっかり腹を割って話し合う時期がきていると思います。このまま放置していたらますます奥さんはつけあがるのではないでしょうか。

  3. 3. 名無しの激おこさん

    節約も大事だとは思いますがやりすぎはだめですね

    奥様も家計のやりくりで工夫をされているところは理解してあげてもいいと思いますが、毎回毎回このような状況であれば、少しコミュニケーションをとって見てください。
    節約も大事ですが、やりすぎはかえって良くないと思います。
    何か怒らせることでもしたのかと思って、という言葉からも、あなたと奥様との間でコミュニケーションがきちんと取れているかどうか、心配です。
    例えば、毎日奥様がお昼に外食をされているようですが、理由は聞いていらっしゃいますか。
    またもし、あなたよりもいいものを食べているのであれば、あなた自身の状況もきちんと主張することもできるはずです。
    時間があるときに、膝を突き合わせて話をしてみてはいかがでしょうか。

  4. 4. 名無しの激おこさん

    なんだかひどいですね。

    洗濯機はあなたがお風呂でたあとの残り湯を使えば良いし、夕飯がそれは信じられません。冷奴をおかずにご飯を食べろと言うことでしょうか。
    稼ぎが足らないよと言う前に、奥さんのやりくりに悪いところはないのかと言いたいですね。一生懸命働いて帰ってきたご主人にあまりにもひどい仕打ちです。うちの夫なら怒鳴り散らすレベルだと思います。
    でも、稼ぎが足らないとアピールしてるんじゃなく、節約をしてみようと思ったのかもしれませんね。主婦向けの番組なんかでよく生活の知恵みたいな、残り湯を洗濯に使うと汚れが落ちますよみたいに紹介してますからそれに感化されただけかもしれないですよ。

  5. 5. 名無しの激おこさん

    旦那さんをないがしろにしていると気付いていないのかも

    お風呂がまだなのにお湯がなかったり、夕食が手抜きだったりすると自分の立場を全く尊重してもらえていないように感じますよね。もしかすると奥さんは、自分のしている行為は旦那さんをないがしろにするものだと気付いていないだけかもしれません。自然と相手を気遣える人なら良いのですが、自分がこうしようと思ったタイミングで行動するタイプの人はその行動によって相手にどんな影響が出るのか予測しないことがあります。「お風呂にはお湯が欲しい」「夕食にはちゃんとおかずがないと、明日からの仕事を頑張る力がつかない」とはっきり申し出てみるのも良いと思います。もしそれに対する奥さんの回答が、旦那さんの稼ぎが少ないことへの当てつけだったと認める内容であれば、奥さんのランチが毎日外食なのは不公平です。稼ぎが少ないと文句を言うのに外食が減らないようでしたら、旦那さんの昼食代と奥さんのランチのレシートを回収し、同額ずつ使う等のルールを決めた方が良いと思います。

  6. 6. 名無しの激おこさん

    コミュニケーションが大切です。

    毎日お仕事大変ですね。お気持ち分かります。
    でも、奥さまもちょっとそこまで気が回らなかっただけかもしれないし、あなたがそこまでお風呂に浸かることを楽しみにしているとは分かっていないだけかもしれないので、あまり悲観的に捉えず、まずは「俺がお風呂入ってからにしてくれたら嬉しいんだけどな」って伝えてみてはいかがでしょうか。ポイントは「文句っぽくならないように普通に笑顔で」です!
    奥さまも「あ、気付かなくてごめんね!」って言ってくれるかもしれませんよ。
    ご飯も食べたいものリクエストするといいと思います。でも、すぐにしてくれなくても怒ったらダメですよ。材料の都合とかあるからその日にすぐは無理でも、ちゃんと聞いてて、2、3日後とかにしてくれるかもしれないです。
    お互い誤解しないためにも思っていることは我慢し過ぎず伝える。コミュニケーションて大切だと思いますよ。

  7. 7. 名無しの激おこさん

    あまりストレスをためないようにしてください

    きっと日々のストレスが溜まってきているのでしょうね。
    日々のストレスの蓄積が、奥様の言動に敏感になっているのかもしれません。きっと奥様の言動には深い意味はないのではないのかなと感じます。
    さすがにご飯と冷奴とみそ汁はさみしすぎる気がしますが…。あまり奥様に期待しない方がいいかもしれませんね。
    お風呂の湯も自分で入れたり、ご飯も作れるようになって奥様を見返してあげるのもいいかもしれません。
    お昼ごはんに毎回外食は奥様にしっかり不満を伝えた方がいいですよ。あまり見逃してあげてるとつけあがって一生治らないと思います。

  8. 8. 名無しの激おこさん

    価値がないとは思っていないけれど、忘れているのかも。

    冷奴に、お風呂はたまたま重なったのでしょうか。きっと毎日ではないですよね。色々と小さなことがかさなり、お怒りなのでしょうか。
    お子さんはいらっしゃいますか?何か予定があったり忙しかったりすると、夕食用意がまわらなくて、お総菜だったりすることはあります。
    また、家計が苦しい場合だとお総菜買うのがもったいないので、冷奴、というふうにもなりそうですよね。うちも赤字になりそうな月は、ありがちです。うちは逆に主人がもったいないから冷奴でいい、というふうに言います。
    奥さまなりに一生懸命やっているのかもしれません。主婦は働いていないようで、1日なにやかや家で働いているのです。俺が稼いでいる、という上から目線だと、敬意を払いたくもなくなります。誰のお陰で働けているのか、と。お互い様なのです。
    稼ぎのよい悪いは関係ないです。家で少しでもお手伝いなどしていますか?主婦は家が職場なので、もしお子さんがいる場合などは、
    あなたがくつろいでいるときも、仕事をしているようなものです。なので、少しでもそういうときに役にたとうという感じが見られると、奥さまも自然と
    ありがとう、という気持ちになると思いますよ。北風と太陽の昔話を思い出してください。自分から、大きさをみせて、優しさを見せて、尊敬させるくらいになってみてはどうでしょうか。

  9. 9. 名無しの激おこさん

    コミュニケーション不足からくることかもしれません

    奥さんもきっと悪気があってのことではないのでしょうけれど、こういうのが続くと仕事にも身が入りませんし切なくなりますよね。
    夕飯はもしかしたら、遅い時間だったからすぐに食べられて少量で満腹感を得られるものということでの配慮だったりしたのではないでしょうか。
    洗濯湯に関しても奥さんは奥さんなりに判断されての行動のようですし、おそらく全体的なコミュニケーションの不足によって摩擦のようなものが生まれてしまっているように思います。なかなか夫婦のコミュニケーションを取る時間はないかもしれませんが、いつもありがとうと感謝を伝えたりすると、奥さんも色々なことに気を使ってくれるようになるかもしれません。

  10. 10. 名無しの激おこさん

    あなたが奥さんにアドバイスをしてあげて

    奥さんは専業主婦をされているのですか?おそらく主婦業に専念しているということを旦那さんに奥さんはアピールしたかったのかもしれません。
    たまにですが、奥さんたちの中には主婦業をしっかりやっているという割にはどこか抜けている人も見受けられます。
    もしかしたらあなたの奥さんは主婦業を手を抜いてやっているわけれはないのかもしれません。気になったのであれば、あなたが奥さんの家事を修正する意味でも、奥さんにこうしたらいいと具体的に指示を出したら良いのだと思います。奥さんだって試行錯誤で家事をやっていて単によくわかっていないだけなのかもしれませんよ。

  11. 11. 名無しの激おこさん

    結婚生活が長くなると待遇が悪くなりますよね

    結婚生活が長くなってくると、どうしても旦那さんのことよりも他のことの方へ意識が行くのは仕方ないです。しかしあまりにも待遇が悪くなってくると寂しいですよね。食事がご飯と冷奴と味噌汁って、帰りを待っている感じではないですよね。稼ぎが足らないのであれば食事などでのアピールではなく、違う方法でアピールするべきですよね。しかし、男というのはつらいですよね。そういった奥さんの態度も我慢しないと家庭円満にはならないですからね。でも、多少の差はあってもどこの家庭も似たようなものです。夫はみんな我慢しているものです。みんな同じように大変なんだと思い、我慢しましょう。

  12. 12. 名無しの激おこさん

    それはかなり辛いですね…

    それは奥さんに直接言ったのですか?
    お風呂のお湯の件は奥さん、良かれと思ってやっていると思うので「俺が入ったらにしてくれると助かる」などと言ってみてはどうでしょう。
    頑張って働いて帰ってきたのに冷奴とお味噌汁はちょっと辛いですね…
    こんなに働いても冷奴と味噌汁だけじゃやってらんない!ってなっちゃいますよね。
    そのくせ奥さんは昼ごはん毎日外食…うーん世知辛い!
    あなたは家族を支えるために働いているんですよね。
    さすがに働いて稼いできてもらっている人にその夕飯のメニューは酷すぎるので奥さんにちゃんと伝えた方が良いと思いますよ!

  13. 13. 名無しの激おこさん

    その原因は必ずあるはず

    そのような奥様の態度、何やらただ事ではなさそうですね。
    女性がそのような態度をとる場合、だいたい何かしらの原因があるのではないかと思います。
    たとえば、あなたの何気ない一言に傷ついてしまったとか、感謝の気持ちを伝えていないとか、記念日を忘れてしまっているとか・・・
    日常のほんの些細なことがきっかけで、夫婦関係が壊れていってしまうこともありますし。
    奥様からしたら、その原因に気づいて欲しいがため、またあなたの嫌がることや、おかしなアピールをしてくるかもしれません。
    あなただって不満を言いたくなるのもわかりますが、奥様を責めるような態度をとってしまっては、理由はわからないままです。
    ここはもう一度、あなたのほうから、何が悪かったのか、とても悲しいとか、正直に自分の気持ちを伝えてみましょう。

  14. 14. 名無しの激おこさん

    働いている意義を見いだしてください

    なんとも切ないですよね。なんのために働いているかわからないですよね。お風呂のお湯を洗濯に使うことはありますが、旦那が入る前に湯が空とかはないです。悲しくなりますね。
    しかも、ご飯が味噌汁と冷奴とご飯とか切なすぎます。涙が出てきそうなくらい悲しくなりますね。まして、昼飯は嫁はランチとかで豪遊していればもっての他ですよね。
    今の自分にはでは旦那として敬われてもいませんし、金づる扱いされてるだけだと思います。同じことがあった時に怒るべきだと思いますよ。少なくてもお風呂はあかんと思います。働いている意義を見つけてください。

  15. 15. 名無しの激おこさん

    価値観の違いなのかも

    お仕事から帰ったらあったかい湯船に入って疲れをいやしたいですよね。
    でも、もしかしたら奥様はシャワーで充分だわ、別に湯船に入らなくても全然問題ないわ、という方なのかも?
    こういうのは育った環境や考えの違いがあるでしょうし、もしかしてお湯の方が汚れが落ちると知って旦那さんがお風呂に入っていないのを忘れて早速試したくなっちゃったのかもしれませんね。
    ご飯にしても、夜はヘルシーに冷ややっこで充分、という考えなのかもしれないです。
    稼ぎが足りない遠回しなアピールなのか、あるいは単に価値観の違いなのか、一度けんか腰にならずに聞いてみるのはどうでしょうか。

  16. 16. 名無しの激おこさん

    コミュニケーション不足では無いでしょうか。

    コミュニケーション不足では無いでしょうか。
    タイミングが悪い時に重なると、何か恨みがあってしてるのか?
    と思ってしまうことは仕方がない部分もありますが、
    案外、そんな事は一切考えてない方が多いように思います。
    お湯の方が汚れが落ちると聞いて試してみたかっただけでしょうし、
    帰ってきて直ぐお風呂にするとは思わなかったのでしょう。
    ご飯に関しては確かに男性としては寂しいと感じるメニューな事は確かですが、
    案外、料理が得意な女性ばかりではないものです。
    特に外食に慣れてしまっている女性は明らかに料理が不得意な場合がほとんどです。
    ですが、料理が下手であってもそこは言わずに褒め、
    オカズが寂しい時は、もう一品作ってもらえるか聞いて見ても良いのではないでしょうか。

  17. 17. domowy generator tlenu

    Bardzo interesujące informacje! Idealnie to, czego szukałem! domowy generator tlenu domowy generator tlenu. https://koncentratortlenun.pl/