結婚当初は家事や料理は任せて欲しいと言っていたのに押し付けてくる妻

結婚当初は家事や料理は任せて欲しいと言っていたのに、最近は料理男子が増えていることを理由に俺にも「たまにはご飯くらい作って欲しい、こっちも仕事で疲れているのだから分担するのが普通」と言ってくる。料理は苦手で独身時代からほとんどやったことがないことは知っているはずなのに。しつこいからレシピ動画をみながら作ってみれば「味が濃すぎる」だの「茹ですぎ」だの文句ばかりでお礼の一つも言われたことがない。しまいには「もっと練習しろ」とまで言ってくる。料理はしなくても問題ないと思っていたのに、なんで今更苦手なことを無理やりやらされなくてはならないのか意味がわからない。作っても作らなくても文句を言われるから、最近は外で食べて帰るようにしているが、どうやらそれも気に入らないらしい。とにかく家に帰るのが憂鬱だ。

0
 

    みんなのコメント

  1. 1. 名無しの激おこさん

    お惣菜ご飯もありですよ

    分担が普通と言われ、ちゃんと旦那様はお手伝いをしているんですね。その事にだけでも感謝をするべきですよね。料理の経験が浅いのであれば、味が濃かったり茹ですぎてしまうのは当たり前です。誰でも最初から上手に出来る人なんかいるはずありませんから。一緒に練習して行こうねと言われれば、こちらだって気持ちが違うかもしれないのに。苦手な事をやらされているので尚更旦那様にとっては憂鬱ですよね。言われるがままにご飯を作っても文句しか言われないようであれば、たまにはスーパーのお惣菜でご飯を済ませるのも私はありだと思いますよ。それであれば味付けに文句の付けようがないですしね。

  2. 2. 名無しの激おこさん

    努力した部分は褒めて欲しいですよね

    共働きでしょうか?
    確かに共働きだとたまには旦那さんにも料理をして欲しいという気持ちは分かるのですが、作っても文句を言われるのは神経がやられてしまいそうですね。
    あなたは偉いと思いますし、凄く努力されてるなと感じました。
    せっかく頑張って苦手な料理にチャレンジしているのだから、そのことくらい褒めてあげてもいいと思うんですよね。
    自分から料理を作れと言っておいて文句を言うのはひどいです。
    結婚当初料理は任せて欲しいと言っていた話は嘘だったのでしょうか。
    ある意味結婚詐欺じゃないですか…。
    帰って来るのが苦痛になってしまいますよね。

  3. 3. 名無しの激おこさん

    まずは簡単なものから

    それはしんどいですよね。
    苦手な料理をするのもしんどいですが、失敗した時に文句をいったりお礼を言わないのは腹がたちますよね。
    それぞれ得意不得意はあるので、料理しろと言われても…ですよね。
    料理でもすごく簡単なものがあるので、まずはそういうものから作ってみてはどうでしょうか?焼きそばやパスタ(ソースかけるだけの)。それかインスタントで具に混ぜるだけで簡単にできるものなど最近は色々と楽にできるものがあります。味付けはそれでいきましょう!!
    それでも文句言うのであれば、もうこっそりお惣菜を温めてお皿に載せてみてはどうでしょうか?

  4. 4. 名無しの激おこさん

    わがままな妻への対処法

    我が家も同じです。
    子どもはいませんが、妻もフルタイムの勤務。おまけに夜勤有の介護職です
    料理は不得手で、何回か料理教室へ連れていかれましたが、如何せん料理に興味がないので全く
    頭に入りません。
    おまけに不器用なので何してもダメダメで台所に立つと「邪魔」「そこじゃない」とダメ出しの連続。
    食べる専門なので、食べると今度は「紺だけ時間かけて作って、あっという間に食われる」との文句が。
    じゃあ洗い物と思い、実践すれば「水出しすぎ!洗剤つけすぎ!その皿そこじゃない!」となにをやっても文句言われます。
    「台所は女の城なんだから勝手にいじくらないで」ともいわれますが、何もしないと文句!
    最近は「フラリーマン」と化し、会社が終わっても帰りたくありません
    女ってどこもそういう生き物です。。
    もう右から左に流しているのが一番だと思います。

  5. 5. 名無しの激おこさん

    せっかく作ったのに文句を言われたら嫌になる

    どちらの気持ちも分かるだけに難しい問題だなと思います。
    確かに苦手なものを急に「やれ」と言われたら嫌ですよね。おまけに苦手なのを我慢してやってみたら、褒めてもらうどころか文句を言われたら「二度とやりたくない」って思うのも当然です。料理に関わらず、なんでもそうだと思うんです。このことでは文句ばかりでお礼も言わない奥様がいけないと思います。そこは奥様が考え直す部分ですよね。
    でも、共働きなら夫も料理をする、というのはいいことだと思います。男女問わず、誰でも料理ができるのはいいことですし。何かあったときに(例えば奥様が病気をしたとか)自分が料理ができたらお互いにとっても助かりますよ。料理はすぐには上手にはできないです。ひたすら経験をつむことが大事だと思います。そのうちきっと料理が楽しくなる瞬間もやってきますよ。諦めずに料理は続けてみてはいいんじゃないかと思います。

  6. 6. 名無しの激おこさん

    料理を苦手な事と捉えずに、味の実験だと思うと結構楽しいと思いますよ。

    料理を苦手な事と捉えずに、味の実験だと思うと結構楽しいと思いますよ。
    料理の方法は、基本的には、焼く、煮る、蒸す、茹でる、揚げる、和えるのどれか、もしくはコンボで考えると楽です。
    仕事の上に仕事と感じると苦痛ですが、料理は多少の失敗をしても食べれば良いだけですので、
    めちゃくちゃ不味くない限り、これは味への冒険だ!ぐらいに考えて楽しんだ方が面白いです。
    また、どんなに上手に作っても、食べる人の好みがあり、また住んでいた場所の地域によっての味付けの好みもあるので
    気にせず、塩っぱ過ぎるので無ければ、手元で味の調整をしてもらうのも良いと思います。

  7. 7. 名無しの激おこさん

    まずは得意な一品を頑張ってみる

    仕事をしているのに「任せて欲しい」と言ってくれたなんて、料理が得意な奥様なんですね。羨ましいです。
    なのに、最近になって急にTVなどで「料理男子」なるものを知ってしまったんですね。女性が受ける他所からの影響って時々迷惑ですよね。
    ご自分が料理が得意なので、「美味しい料理を作ってくれる旦那」になるまで求め続けられてしまいそうですね。
    しかし、女性男性関係なく、ある程度の料理は作れた方が良いのは間違いないので、美味しいと言ってもらえるものをまず一品完成させるのはいかがでしょう。色んなものに挑戦するといつまでも美味しいものは作れませんからね。まずは一品が大事です。奥様が体調を崩した時に苦手だからと料理をしない旦那様よりずっと良いと思います。

  8. 8. 名無しの激おこさん

    お惣菜やレトルトでもいいのでは

    料理は1から作るとなると本当に大変ですよね。それに、料理が苦手ともなると、手順が面倒に感じますし、仕事の疲れもあってやりたくないときもありますよね。それを、せっかく作ったものに文句を言われたりけなされたりすると、余計にやりたくなくなりますよね。そういう時は、外食もいいですが、せっかくの団らんの時間ですし、一緒に美味しい食事をしたいですよね。ならば、お店やスーパーで買ってきたお惣菜や、レトルト食品などの準備が簡単なものを揃えて食べればいいのではないでしょうか。毎日とは言わないので、たまにはそういう食事でもいいと思います。とにかく、ストレスを溜めずに、団らんの時間を楽しく過ごして下さい。

  9. 9. 名無しの激おこさん

    奥さんに対して毅然とした態度で接してみる

    あなたは奥さんをもしかしたら甘やかしているのかもしれません。奥さんが喜ぶようにしているつもりなのに、全く反応が無かったり拒否されたりしたらこちらも尽くすことが嫌になってしまいますよね。奥さんに何かをお願いされたとしても、あえて断るようにしてみたらどうでしょうか。そして奥さんの態度について指摘してみましょう。おそらく貴方に応酬してくるでしょうが、そこで折れていては旦那さんとしての面子が潰れると思います。奥さんに対して毅然とした態度で振る舞って、何か嫌なことを言われたらあなたもはっきりとした態度で奥さんに接することが必要だと思います。そういった対話ができた上で今一度ご夫婦の関係について話し合われてみたら良いと思います。

  10. 10. 名無しの激おこさん

    世の中の奥さんは同じ思いの方ばかりです。

    今は料理のできる男性は多くなっていますね。世の中の専業主婦でも兼業主婦でも料理を作って旦那さんにお礼を言われる事なんかは少ないです。当たり前だと思っているのでしょうかと感じます。結婚当初に奥様が家事は任せてと言ったかもしれませんが、ご飯を作ってくれる度にお礼を言っていましたか。文句は言わなくてもお礼も言ってないのではないでしょうか。せっかく作ったのに文句を言う奥様もよくないですが、覚えて欲しいと思っているのではないでしょうか。もしかしたら大変さを分かって欲しいとか。今度作った時にでも一言、ご飯作るのも大変だよな毎日作ってくれてたんだな、ありがとうなど言ってみてはいかがでしょうか。

  11. 11. 名無しの激おこさん

    理想と現実は違いがある

    お料理は2.3回じゃ上達しないので苦手な方には尚更苦痛ですよね。しかもお礼も言われないなら尚更ですよね!そのお気持ちはよく分かります。結婚当初は家事は任せてほしいと奥様がおっしゃっていたようですが、現在共働きとの事なんですね。ならば家事の分担は当然ですので間違っていません。それは奥様のワガママではないですよ。ただ、お料理の上達については少し大目に見てもらいたいですね。それが出来ないならお料理以外の家事、例えば掃除や洗濯をするのはどうでしょうか?共働きが当たり前のこのご時世ですからお互いが感謝しあって助け合っていかないと結婚生活は成り立たないです!それが出来ないならば、専業主婦で十分な収入を得るかどちらかですよ!出来る範囲のことから支え合っていきましょう!

  12. 12. 名無しの激おこさん

    苦手を得意にしちゃいましょう

    旦那様も奥様も共働きなのですね。仕事をしながらの料理は本当に大変です。なので家事の分担は本当に奥様にとって助かることだし嬉しいことだと思います。
    しかし、作ったものに対してただ批判しかないっていうのはどうかと思います。せっかく頑張ってもやる気もそがれますし、文句を言うなら作る気すら起きなくなります。
    そのことに奥様はきっと気づいていないのでしょう。料理を上達させるのは本当に大変なことです。なので、時間があれば休日に猛特訓してみたらいかがでしょうか?
    案外料理も楽しくなるかもしれませんよ。それでもだめなら料理は任せるから、そのほかで得意な掃除などを積極的に行う旨を伝えてみたらどうでしょう。

  13. 13. 名無しの激おこさん

    世の中の女性思考に完全に影響されている発言ですね

    それは最近の世の中の女性思考の影響をかなり受けていますね。旦那さんも旦那さんなりに努力しているのに、奥さんの言い方が酷いですよね。「ちょっと味が濃いけどおいしいよ。」とか「ゆで方固いけど、私こういう固さも嫌いじゃないよ。」とか「作ってくれてありがとう。また作って欲しいな。」など、少し言い方を変えれば柔らかい表現になるのに、普段自分が料理を作っていて知識もあり、プライドもあるのか奥さんもきつい言い方になってしまうのでしょう。
    もし、また奥さんに料理を作って欲しいと言われたら、旦那さんも「○○を作りたいんだけど、上手に作れないと思うから一緒に作ってほしい。」と言って一緒に作ってみてもいいかもしれません。

  14. 14. 名無しの激おこさん

    お互い譲歩して話し合いを

    奥様もお仕事されているなら、奥様の言い分にも一理あるかと思います。
    家事分担はした方がいいと思いますが、人には得意不得意がありますから、ご主人も料理はどうしても苦手だから、後片付けと掃除を担当するとかの交渉をするのはどうでしょうか。料理と一言にいっても買い出し、下ごしらえ、後片付け、色々ありますから。
    せっかく作った料理に文句を言われるのは傷つきますからね。どうせやるならお互い得意なこと不得意なことを列挙してみて担当を決めればもめごとも減るのではないでしょうか。
    そして自分が出来ないことは人には文句を言わない事、と決まりを作るのはどうでしょう。

  15. 15. 名無しの激おこさん

    奥様をほめて笑顔をもらいましょう

    仕事で疲れて帰ってくるのに、晩御飯の支度をさせられるのは本当に苦痛ですよね。しかも得意ではない作業の労力は堪えますからね。女性は共感されると喜ぶ生物なんですよ。旦那様が苦手な料理の過程で、どうしてもうまく出来ないことをまず奥様に相談されたら良いと思います。最初は上から目線で指導されるかもしれませんが、そこはぐっと堪えて奥様をさすがだね、と褒めてあげましょう。そしてどんどん教えてアピールをして上手く奥様を気持ちよくさせてあげましょう。奥様も社会にでて誰かに褒められること自体減ってきているでしょうから、きっと今よりも笑顔が増えると思いますよ。それに自炊が出来るようになれば将来きっと役に立つ日も来るでしょう。もしかすると、奥様の愛の鞭なのかもしれませんね。

  16. 16. 名無しの激おこさん

    一緒にやると言う方法を考えましょう

    食事の準備と言うのはとても負担であり、奥様の言い分もわかりますし旦那様の言い分もよくわかります。どちらにとっても負担になっている状態なので、そうならないようにするには、当番制にするか一緒にやると言うようにするのが良いのではないでしょうか。
    特に一緒にやると言うことをすれば、旦那さんが料理を作るのがあまり得意ではないと言うことも理解してもらうことができますし、お互いにサポートすることによって負担を小さくすることもできます。何度かこういうことを繰り返していけば、旦那さんも要領が良くなり料理が上手になると思います。