洗濯物の裏表どうしてなおさないの?どうしてそのまま畳むの?

洗濯物の裏表どうしてなおさないの?どうしてそのまま畳むの?まず脱ぐときにガサツだからだめなんだよ。他にも扉をしめるのもうるさいし、手を洗うときも水はジャージャーいつまでも出してるし。冷蔵庫あけっぱなしで作業したり、扉あけっぱなしでトイレしたり。しっぱなしが多いよね。大雑把だなと思っていたけど、結婚生活が長くなるにつれてドンドン目につくようになってきたよ。このままじゃ子供が大きくなって真似するから少しは治してほしいんだけど。言葉遣いも悪くなってきて…もしかしてこれが本性なの?付き合ってるときは隠してたの?なんだかがっかりだよ。

0
 

    みんなのコメント

  1. 1. 名無しの激おこさん

    奥さんにこうしてくれたら嬉しいと歩み寄ってみて

    付き合っていたときは一緒に生活していたわけではないので、あまり細かいところに目がいきません。ですが結婚すると、相手の生活面の粗に気がつき、なんでも目についてしまってイライラするといったことは当たり前というほどよくあることです。逆に、あなたのする事に関して奥様は許せない事もあるかもしれません。でも目をつぶっていてくれているのかもしれません。そう思ったら、少し許せる気になりませんか?我慢できないことははっきり言うべきときもあります。ですが、言い方一つで不仲になってしまいます。できれば、ドア静かに閉めてくれると嬉しいなど肯定的に歩み寄ってみてはいかがでしょうか。ちょこちょこ「閉めて」と言ってみたり。奥様は気がついていない可能性も否定できません。少しずつ自分たちのルールを言って行くことによって慣れてくるものです。最初からあきらめないで。

  2. 2. 名無しの激おこさん

    残念ですが、それは本当の姿です。

    残念ながらそれが本性だと思います。ただ、奥さんが気づいてなかったりすることも多いと思うのでここが気になるというところはその都度言ったらいいと思います。私も主人の方が細かくて私が大雑把ですが毎日ここはこうした方が良くない?と言われてます。分かってるよ。とも思いますが言われないと意識もしてないことも多いです。そんな所も気になるんだとも思いますし、ここは理由があってこうなっているという時は私も言います。気になるだけで言わないとストレスが溜まると思うのでここはこうした方がいいと伝えてみてください。少しでも変化がある所もあるとは思います。

  3. 3. 名無しの激おこさん

    がさつな女性はそんな感じです

    うわー、耳が痛いです。私もがさつなので、洗濯物の裏表どうしてなおさないし、扉をしめるのもうるさいし、半分くらい当てはまりますね。がさつな人って本当にそういう風に生活してきて、それを注意されたことがないから、それが普通だと思っているんですよね。私も結婚してダンナさんに注意されてびっくりしました。でも、こちらからすれば、ダンナさんのほうが細かすぎるのです。例えば、我が家は洗濯をするときに窓の網戸を開けるのですが、両側から洗濯物を干すので、網戸は真ん中に設定したほうが便利なのです。でも、ダンナさんは毎回帰ってきて、きちんと網戸を片方に寄せます。私にとってそれがとてもストレスです。真ん中に設定したほうが便利なのに、洗濯を干すのは、毎回私なのにって思います。なので、奥様の言い分もあると思うので、いい合意点を見つけてくださいね。でも、意外に子供さんが大きくなってきたら、奥様も直すかもしれませんよ。

  4. 4. 名無しの激おこさん

    余裕のない女性はそんなものです

    奥様のがさつさが目に付いてしまうと、気になってしまいますよね。子供への影響を考えると、不安になる気持ちもあるでしょう。けれど奥様は家事や育児で忙しく、なかなか細かいことに気を配る余裕がなくなってしまっているのです。結婚生活が長いのは関係がないかもしれません。
    奥様が丁寧に家事や子育てができるように、手伝ったり、自由時間を与えたりしてみてはどうでしょう。気持ちに余裕が出てくると、奥様の行動も言動も変わってきます。がさつさはあまり目立たなくなり、気にならなくなってくるかもしれません。がさつさにイライラせずに奥様に余裕を持たせてあげましょう。

  5. 5. 名無しの激おこさん

    あなたの選択手段は我慢か離婚の2択!

    いよいよ化けの皮が剥がれてきましたか。奥様はお嬢様育ちなのですかね。なんでもかんでも親任せにする子供は、大人になるとたいていこうなります。
    あきらかに面倒くさがりですよね。料理を作るときも、掃除をするときも、買い物に行くときも「あー、かったるい」などどネガティブな発言を繰り返していませんか?そして、テレビを見るときは必ず横になってお菓子をボリボリと食べる。お腹は常に妊婦状態でやたらと歩くのが遅い。もうこういう妻を持つと最悪ですね。女として見ることが不可能になります。
    おそらく、こんな妻には何を言っても無駄でしょう。あなたのとる道は、このまま我慢するか、離婚するかの2択です。

  6. 6. 名無しの激おこさん

    神経質よりはいいです!

    きちんとしている男性から見たガサツな女性って信じられないしショックですよね。でも結婚したら見えていなかった部分が見えてくるのはお互いさまではないでしょうか。意外と、女性からしたら細かいことを言う男性が煩わしいものです。おそらく、世の中には奥さんから細かい注意を受けてうんざりしている男性はたくさんいますので、大雑把ぐらいがちょうどいいと思いますよ。大らかな奥さんと捉えて大目にみましょう。どうしても直してほしいところがあれば、大らかさは好きなんだけど…と伝えてみましょう。喧嘩にならず解決されることを祈ってます。

  7. 7. 名無しの激おこさん

    時間に余裕がなくなってしまったのかも

    男性からしたら女性のがさつな姿は出来れば見たくないものですよね。
    奥さんも元々がさつだった、付き合っている時は隠していたという訳ではないんだと思います。
    お子さんがいるようなので、色々な事に気を使ってられる時間の余裕がなくなってしまったのかもしれませんね。
    がさつと時短は違いますが、早く終わらせたいという気持ちから行動が雑になっていくのだと思います。
    それでも言葉遣いは困りますね。
    行動の面では少し大きな心で見てあげる事が今は大事な事かもしれませんが、言葉はちょっと注意してもいいかもしれませんね。
    「子供が真似しちゃうからお互い気をつけよう」とやんわりと言ってみてはどうでしょうか?
    奥さんも自分では気づかなかったという事があるかもしれないので、子供への影響となればちゃんと考えてくれると思いますよ。

  8. 8. 名無しの激おこさん

    性格の違いなんですよね・・

    見当違いならすみません。ご主人様は、今回の相談内容を直接奥様に注意されたことはありますか?私自身はそんなにガサツだと思っていなかったのですが、扉を閉める音がうるさいと今の主人に言われて初めて気付きました。奥様はご主人がガサツだと思っていることを無意識にやっていてご自身は気付いていないのかもしれません。一度どうしても直してもらいたい所は直接注意するのはどうでしょうか?それでも直らないのなら注意したり気にするだけご主人様のストレスになると思うので、洗濯を担当されてはどうですか?冷蔵庫開けっ放しにして作業するぐらい家事育児で手一杯なんだと思います。奥様の悪い所にばかり目を向けるのではなくて、少しは手助けしてはいかがですか?夫婦仲を一度見直すきっかけになると思います。

  9. 9. 名無しの激おこさん

    子供から言わせるのが効果的

    ガサツな人って意外に女性でも多いですよね。多少なら良いですが、子供達が真似をすると困りますね…。
    直接注意すると「細かいなぁ」などとうるさがられるのでしょうか?そうであれば、子供から言わせるという手が一番効果的なように思います。
    配偶者から指摘されるとイラっとくるものですが、子供から言われると「あぁ、治さなきゃな…」と思うものなんですよね。なので、子供にお願いしてみては?
    この時、子供からとは言え「お母さん、ここをこうして!」「どうしてこうなの?」などと命令口調や責める口調ではなく、「こうした方がいいんじゃない?」と提案型にするのがポイントですよ。

  10. 10. 名無しの激おこさん

    直すにはあなたのちょっとした協力が必要だと思います。

    結構おてんばな奥さまですね。あなたのお気持ち、分かります。
    人の癖や性質ってなかなか直らないから、どうしたものかと思いますよね。
    でも、きっと奥さまは、悪気があったり直すのが嫌だだったりということではなく、そういうことが苦手なんだと思います。
    そこで、あなたが少し大人になってあげて、例えば、注意が何回以内だったらコンビニでスイーツ買って帰ってあげるとかルールを作って、奥さまが直るように協力してあげるなどはいかがでしょうか。
    そのうち直っていくと思うので、それまでは「しょうがないな~」という感じの見守りスタンスで協力してあげてくださいね。
    そうやっているうちに、今より仲良しになれるかもしれませんよ。

  11. 11. 名無しの激おこさん

    大雑把な性格なのでしょう

    ご相談者様には申し訳ないのですが、おそらく現在の奥様の姿が本来の姿なのでしょう。よく言えば、ご相談者様との生活に慣れてきて本当の自分の姿で生活できている、リラックスできているということなのでしょうね。その点をどう取るかだと思います。ただ、ご相談者様の仰るようにお子さんが真似をしたりする可能性は大いにありますね。なので、最低限のことはちゃんとして欲しいということをやんわりと伝えた方が良いかもしれませんね。奥様も、そこまでして自分のスタイルを守ろうとはしないと思いますよ。なんといっても女性ですからね。

  12. 12. 名無しの激おこさん

    きっとそれが本性でしょうね。

    凄く大雑把な奥さんですね。読んでいて常に慌ただしそうな奥さんを想像してしまい少し笑ってしまいましたが、近くにいると目を伏せたくなるのでしょうね。同時に2つ以上のことをしようとするとしっぱなしになってしまい、そのまま忘れてしまうこともあるかと思います。奥さんもそんな感じなのでしょうか。確かに子どもがそれを見て育っていくと大変なことになりますよね。子供の場合は外でもそれをしちゃいそうなので、周りからの目も気になるところです。その分は旦那さんから子供にしつけ直さなければならないですね。奥さんのガサツなところ少しは直ると良いですね。

  13. 13. 名無しの激おこさん

    些細なことが積もって大きなストレスになりますよね。

    細かいことでも気になったらずっと気になりますよね。
    そういう些細なことから夫婦仲がほころび始めることもあると思います。
    だからこそ、細かいことでも嫌なこと、許せないことがあったら気持を伝えたり話し合ったりする必要があると思います。
    話してみて、もし奥さんに「細かいことをいちいち気にしないで」と言われたら、真剣に、ストレスになっているということを訴えて理解してもらう必要があると思います。
    奥さんも洗濯物の裏表をなおす、扉を静かに閉める、水を大切にする、冷蔵庫は開けたらすぐ閉める、トイレの扉は閉めて用をたす、くらいだったら、すぐに実践できると思います。