毎回同じような服や鞄買ってきていつ着ていくの?

買い物いってくるね~ってまた同じような服や鞄買ってきてさ、いつ着ていくの?近所のスーパーへいくのは部屋着だし、俺の休みでもどこかいくわけでもないし。なのに服ばかり買ってまたお小遣い値上げしてとかおねがりしてきてなんなんだよ。そのくせ俺が服を買おうとすると「着ないんだからいらないじゃん、無駄」ってバッサリ言うのはなんだ。俺の金だろ!好きにさせてくれよ。自分は食費俺には多く伝えてへそくりまでしてるの知ってるんだぞ。なのに俺は飲み会にもグズグズ言われて文句つけられて我慢できないよ。専業主婦やりたいって言うからさせてるのに文句あるなら専業主婦やめて働いてくれ。

0
 

    みんなのコメント

  1. 1. 名無しの激おこさん

    自分の欲しいものについては、お小遣いの範囲を超えたら稟議制にするのはどうでしょうか。

    結婚してからの女性の買い物の多くはストレス発散という事。
    ストレスが少なければ買い物は少なくなるらしい。
    それは男でも当てはまることは多いらしい。
    お互いに目くじら立てるより、
    お互いにストレスっているのだ、と考える方が良いのでは無いでしょうか。
    誰かとどこかに行くためであれば必要なコストですが
    誰かとどこに行くかで無いなら、なりたい自分に近づくためか
    もしくはストレスからの買い物と考える方が良いでしょう。
    専業主婦には専業主婦の大変さがあるので
    そういうくくりではなく、奥様と話し合う必要があるかも知れません。
    自分の欲しいものについては、お小遣いの範囲を超えたら稟議制にするのはどうでしょうか。

  2. 2. 名無しの激おこさん

    全て正直に伝えた方が良いかも

    働いてお金を稼いでいるのはあなたなのに、つらいご状況ですね。
    奥様が好きな物を買ったりへそくりしたりと自由にしていること自体は悪いことではないと思います。問題は奥様があなたのことに関してだけ制限してくることです。「君と同じように俺にも自由にさせてほしい。そうでなければ働くモチベーションがあがらない」と伝えてみましょう。奥様があなたを思いやる気持ちがあれば、きっと理解してくれるはずです。しかしこれでも何か言ってくるようであれば、はっきりと「君も働いてくれ」と言えばよいと思います。これは辛辣でもなんでもなく正当な意見なので、堂々と伝えてくださいね。

  3. 3. 名無しの激おこさん

    毅然とした態度でいきましょう

    奥様、お洋服好きなんですね~。ただ、買ったら本当に着てほしいですね。でも、奥様は「買った」という事実が大切なんでしょうね。要は、ストレス発散なんだと思います。でも、専業主婦をされているとのこと。それだったら、お小遣いの中できっちりやってくれないと困りますね。こんな時はアメとムチで「週1でもいいからアルバイトでもすれば?そのアルバイトしたお金は好きに使っていいよ。」こう言ったら、意外に頑張って働くかもしれませんよ。今は、チラシ配りとか単発の仕事もありますからね。そういうのもすすめてみたらいかがでしょうか?

  4. 4. 名無しの激おこさん

    出費を詳細に把握し均等なお小遣い配分を

    はい、専業主婦をやめさせて働いてもらいましょう。

    というのは現実的ではないかと思います。家計簿はつけていますか?あなたはしっかりお金の管理ができる人だと思います。食費や日用品の代金は夫婦共有の出費ですから、その内分けはあなたも把握したいはずです。きちんと買い物をしたレシートを見せてもらって、この場合あなたが家計簿をつけるといいですね。そうすると妻、自分に必要な適正なお小遣い(プライベートな出費)の必要額も見えてくるはずです。基本的には夫婦の出費の残額を平等に配分すれば納得してくれるのではないでしょうか。お小遣いは各自自由に使っても良いでしょう。無駄遣いは数字で示すのが最も効果的ですよ。

  5. 5. 名無しの激おこさん

    身体はひとつなんだから服もひとつで充分。

    身体はひとつしか無いのだから、着る服もひとつで充分と何かの民話のセリフで有りましたが、女性の同じ様な服や鞄を買うのはもう病気みたいなものだと思います。だけど全く着る素振りが無いのは、また違った買うまでが楽しい依存の病気の可能性が浮上する様な……?そうで無くて少しでも着る様でしたら、この前のあの服、似合っていたよね、着てお出掛けしようよと誘ったり、服を買う時に一緒に行って、選んだ服を「それの似たの持っていたじゃない、今度は全く違う感じのこっちの服にしたら、違う君の魅力が出でいいよ」と同じ様な服を購入を回避したり、「買ったのなら、僕もそれに合う様な服を買うから今度、一緒に着て出掛けよう」とついでに自分の欲しかった服も購入してはどうでしょうか?

  6. 6. 名無しの激おこさん

    お金の使い方を見直しましょう

    一度家計簿を見せてもらってはいかがですか?二人でお金の使い方を見直しましょう。へそくりは、将来の家族のためかもしれません。
    奥様が洋服やカバンが欲しいというのであれば、パートをしてそのお金で買ってもらうこともできます。パートを始めた奥様方は、どんどんきれいになっていきます。自由になるお金が増えることや、おしゃれをして職場へ行くためです。
    専業主婦では、買い物をしても限られたものしか購入することはできません。きちんとご主人に報告しているようなので、高いものには手を出していないと思います。
    収入は増えますが、奥様が働いて忙しくなると、家事を手伝ってほしいと言われるかもしれません。

  7. 7. 名無しの激おこさん

    それは怒って当然です!

    共働きの話かと思いきや専業主婦でそれとは驚きですね!!小さい子供とかもおらず働ける環境なのであれば、お小遣いの値上げではなく、プラス分は自分で稼ぐようはっきり言った方が良さそうですね。奥さんの稼いだお金で同じようなものを買うのは勝手ですが、自分の稼いできたお金で買い続けられるのは違いますよね。それもあなたの買ってきたものに対しても寛容ならまだしも、あなたの買い物にはいちゃもんをつけるなんてひどすぎますね!ちょっと甘くしすぎなのではないでしょうか?お小遣いがいくらか知りませんが、足りない分は自分で働いてもらいましょう。

  8. 8. 名無しの激おこさん

    一度、家計の現状を話し合いされてみては?

    奥様は物欲があるというより、買い物をしてストレス発散しているのではないでしょうか?何か服を買ってどこかに着て行きたいとかではなく、買って自分の手元に来て満足な状態なんじゃないでしょうか?自分がどれだけ物を買ったのか把握していないし、把握していてもクローゼットに置きっ放しで見て見ぬふりをしているんでしょうね。だから自分のことは棚にあげておきながら、ご主人のすることは無駄だと自分以外の人のことだと冷静に物を見ることが出来るのかもしれません。一度、整理整頓と称して奥様の物がどのくらいあるのか把握させるべきだと思います。今の家計の貯金残高とかご夫婦でこれからのこと(お金の使い方)を話合うべきだと思います。

  9. 9. 名無しの激おこさん

    おっしゃるとおりです

    ご相談者さまのおっしゃるとおりです。同じような洋服やバッグを買うのも無駄遣いだし、旦那さんの欲しいものを却下するのも理不尽ですね。ただ、なぜか女はそういうところがあるんです。というのも、わたしも全く同じだからです。影では主人に申し訳ないという気持ちもあり、反省もしているのですよ。働くのは嫌だけど、専業主婦はストレスがたまるといったところでしょうか?ただのワガママですよね。うちの主人は、普段はあまり言わないのですが、たまに程々にしとけと言われます。それがけっこう効果的で、無駄遣いの歯止めとなってはいますね。

  10. 10. 名無しの激おこさん

    絶対専業主婦はやめさせなければないですよ

    この奥さん酷いですね。
    専業主婦をしていること自体は悪いことじゃないですが、旦那さんが汗水垂らす思いで稼いだお給料で同じような服ばかり買いまくっているのですね。
    なんでこの奥さんは我慢することが出来ないのでしょうか。
    買い物依存症なんじゃないかなと思いました。
    私も服が好きだった時期があるので同じような服ばかり買う気持ちはなんとなく分かりますが、あくまで自分で稼いだお金で買っていました。
    この奥さんは絶対に働かせましょう。
    専業主婦はやめさせるべきです。
    お金のありがたみも分かってないし、服を無駄にしていることにも気付いていないのです。

  11. 11. 名無しの激おこさん

    まずはお互い敬うところから

    まず、「俺の金」ではないと思います。
    ご主人が外で仕事に専念できるのは、家でご飯を作ってくれる奥様がいるから、着るシャツにアイロンをかけてくれる奥様がいるから、子供が体調を崩した時に病院へ連れていける奥様がいるからだと思いますので、稼いだお金は共有財産です。
    専業主婦にしてもやることは沢山あります。お子様がいるなら、お子様の食事、着替え、食事、学校の準備、ご近所付き合い、いなくても毎日の食事、お掃除、買い出し、家計のやりくり。
    確かに似たような服や靴を買う奥様は浪費していると言えるかもしれませんが、まずはお互いを敬うところから始めてみると不満が減ってくるのではないでしょうか。

  12. 12. 名無しの激おこさん

    女の人は同じものをたくさん買う生き物です。

    女の人はかなり自己中心的な人が多いですよね。私は共働きなので専業主婦の人の気持ちはわからなくてご主人と同じ意見なのですが、専業主婦の人にご主人が俺のお金というととても怒るイメージなのでそれは思ってても言わない方がいいと思うのですが、結局専業主婦の人は一生懸命やってる。家事も立派な仕事だ。とおっしゃいますが、共働きをしていても家事はやってます。どれくらい節約して立派なご飯を作ってるかはわかりませんがやはりおこずかいをあげて欲しいなどは自分で働いて欲しいと言うべきだと思います。ただ、女の人は同じような服を買ったりするだけで意味は無いと思いますがストレス発散をしているんだと思います。ご主人に感謝しているのが伝わるともっといいのですが。本当に自分も洋服を欲しいのなら交代で買おうなど提案してみてはいかがでしょうか。

  13. 13. 名無しの激おこさん

    買った物を強制的に使わせることによって無駄を自覚させましょう。

    価値観の違いあるあるの問題点ですね。
    どれも大して違わなく見えるのにここが可愛いとかいう理由で似たような物ばかりを買うのは女性特有だと思います。
    それでいて買った物を使わないということは、いわば買い物によってストレスの発散をしているのでしょう。
    手っ取り早い解決策としては、奥様に「この間買ったやつ今度着て見せてよ」と催促することです。
    買っただけで満足して終わりでは済まさせない状態にさせて、タンスの肥やしを回避させるように持って行くのです。
    たくさんの服や鞄があればあるほど半ば強制的に使わせることによって「そんなにたくさんは必要ない」という事実に気が付くことでしょう。

  14. 14. 名無しの激おこさん

    夫婦はお互い平等にあるべきですよね

    今のご時世、専業主婦がしたいからと素直にできるご家庭は限られています。主様がしっかり稼いでいる証拠ですね。希望を受け入れている、良い旦那様だと思います。さて夫婦は平等であるべきなのですが、奥様は少々ダブルスタンダードなところがあるのではないでしょうか。人は駄目でも自分は良い。これは不平等ですし、今後長い人生を一緒に歩むパートナーがそういう考えですと、やっぱり疲れてしまいますよね。
    そのため、しっかり同じにすれば良いのではないでしょうか。着ないから良い、無駄だというのは奥様も同じ。せめて口を出さないようにして欲しいですよね。

  15. 15. 名無しの激おこさん

    家計簿をつけさせて奥さんの無駄遣いを減らす

    奥さんが専業主婦で自分の好きなものにはお金をたくさん使って、あなたのものにはいちいち口を出してくるとなるとあなたもたまったものじゃありませんね。奥さんは専業主婦ということであなたよりも強い立場に無いのだから、奥さんに家計簿をつけることをお願いしてみたらどうでしょう。どれだけ奥さんが無駄遣いをしているかが浮き彫りになって、あなた自身奥さんにあげるお小遣いを減らす良い理由を見つけることになるかもしれません。そのくらいあなたが奥さんの収支に目を光らせていないと家計のやりくりが難しくなってくる可能性があります。奥さんの無駄遣いを減らしてもらいましょう。

  16. 16. 名無しの激おこさん

    働いていただくのもいいかもしれませんね

    女性は服が好きですし、いつまでもおしゃれをしたいという気持ちはわかります。
    あなたへの制限が多い場合には、少し不公平感があり、嫌な気持ちになるは当たり前の感覚ですし、あなたは決して悪くはありません。
    ただ、もしこのような状況がつづくようでしたら、いっそのこと奥様に働いてもらってもいいと思いますよ。
    あとは買ったものを見せてもらうのが良さそうですね。
    奥様は少し浪費グセがあるようですので、買ったものを並べてみて、必要、不要の整理をした方がいいと思います。
    自分の好きなものを買いたいということであれば、働いてもらいましょう。