イクメンだと思ってるのは本人ばかり

育児を手伝った気でいる夫にイライラしちゃう!
本人は私の為にと思ってやってくれてるんだってことはよーく分かってる。分かってるけど!!
料理したあとの食器片付けは私だし、ゴミ出しするまでのゴミの分別も私、子供と遊んでくれるのは助かるけど散らかしたおもちゃを置いて子供共々寝落ち。
結局は私が部屋まで運んだ後に1人でおかたづけ。
そのやるせなさったらね。
休日にはやたらと「俺も何か手伝うことない?」って聞いてくれて、気持ちはすごーくすごーく嬉しいんだけどね、私が一人でやる方が早く終わるっていうのが正直なところ。

0
 

    みんなのコメント

  1. 1. 名無しの激おこさん

    旦那さんの気持ちも理解しているだけに、やるせなくなってしまうのがつらいですよね。
    ここはひとつ、いろいろなことを手伝ってもらうより、一つ一つの事を最後まで丁寧にやってもらえるように旦那さんも教育してみてはどうでしょう?
    食器の片づけから初めて、相談者さんが十分と思ったら、手伝うことにごみの分別を追加するなど、一個一個できることを増やしていくんです。
    せっかく旦那さんがやる気を見せているのだから、相談者さんからの要望はちゃんと聞いてくれると思います。どんどん利用してあげましょう!!
    最初は大変かもしれませんが、長い目で見れば相談者さんの負担がぐっと減りますよ。

  2. 2. 名無しの激おこさん

    確かにそうですよね。毎日朝から晩まで子供の面倒を見て泣き止まないのを我慢して、家事をしたくてもぐずっちゃったら仕事が手につかず育児ってとても大変ですよね。でも、夫は仕事から帰ってきて子供と遊び、疲れたらそのまま寝てしまう。遊んでくれるのはとても助かるけど、それなら片付けまでがセットですよね。料理も後片付けまでが料理ですし。大変なお気持ちとても分かります。手伝ってくれるのはとても嬉しいけど最後の片付けまでしてほしいことを分かって欲しいですよね。

  3. 3. 名無しの激おこさん

    すごく分かります。結局育児はワンオペの方が楽なんですよね。手伝うって言っても、平日に旦那が子供と過ごす時間なんて一日のうち2時間がマックス。オムツ替えなんて二回あるかどうかだし。子供がギャン泣きで泣き止まないとか、ぐずってなかなか寝ないとか、そういう苦労するシーンには不在な方が多いです。そうなると、不慣れな旦那よりも私ひとりであやしている方が楽だし早いし、下手に手を出さないで欲しいというか笑。ワンオペ育児の方が楽だなあ、と思うようになってしまいます。

  4. 4. 名無しの激おこさん

    日々の家事や子育て、本当にお疲れ様です。あなたは妻として母としての役割をちゃんと果たしている立派な女性です。
    あなたが抱えている悩みは、あなたがいつも頑張っているからこそ、心の余裕がなくなってしまって、生じてしまったものだと感じました。旦那さんにそう思ってしまうのは仕方のないことです。世の中の妻や母親という立場の女性は、ほとんどあなたと似た悩みを抱えていると思います。
    そんな頑張っているあなたに、私から少しだけアドバイスさせてください。完璧な妻や母親になろうとしなくても大丈夫です。きっと完璧を自分に求めて日々の生活を送っているからこそ、旦那様にも完璧を求めてイライラしてしまうのだと思います。少し肩の力を抜いて、過ごしてみてください。

  5. 5. 名無しの激おこさん

    家事育児、「手伝う」では甘い!

    まず、子どもは二人の子供なのだから、育児は手伝うものではなく二人でするものだと思います。
    だから、今のうちに旦那さんに家事や育児のスキルをつけておくようにしておくと良いと思います。私も、ダンナが皿洗いだけしかせず、いい夫のようにふるまうので、少しずつ意識を改めてもらうようにしました。できるだけ、褒めて育てています。(手のかかる人です)
    家事や育児に参加しない旦那さんを持つと、ご自身も苦労するだけでなく、後々旦那さんも家庭に居場所がなくなったり自分で何もできない人になったりしてしまいます。
    苦労が多いと思いますが、コツコツがんばっていきましょう!

  6. 6. 名無しの激おこさん

    今のままご主人を教育していきましょう。

    あなたが自分一人でやった方が早い、ちょっと手伝ったぐらいでやった気になるなという気持ちはすごく分かります。でも、それを言ってしまったら旦那さんは何もしなくなります。男性はプライドが高いので否定されると拗ねてしまうと思います。どうせ俺がやっても文句ばかり言うからと言われて、何もされなくなるのも、それはそれで腹が立ってくると思います。一つ出来たら、じゃあ次は~っていうようにどんどん指示を出していきましょう。それで、自分は役に立っているんだと実感することが、あなたの旦那さんの喜びでもあるんだと思います。気長に教育していきましょう。

  7. 7. 名無しの激おこさん

    うまく転がして、真のイクメンに育てる!?

    至ってないところにイライラするの、同感です。結局、お子ちゃまなんですよね。いろいろやらかして、仕上げはおか〜さ〜ん♪みたいな。
    後始末、虚しくなるだけなので、やめましょう。あんたがやってるのはお手伝いで、家事の分担ではない。始末まできちんとして家事だし、イクメンだよ!って。
    でも、いろいろ気にかけてくれるってことは、優しいし、力になりたいって思ってくれてる証拠。「片付けまでやってくれると助かる」「ゴミ分別を一緒にやろう!」とお願いしたら、案外あっさり解決するかも、と思いますよ!

  8. 8. 名無しの激おこさん

    うちの夫も同じです!

    うちは生後7ヶ月の娘が1人います。うちの夫は料理が好きなので料理はします。「俺が晩御飯作るから子どもの面倒見てて!」と言ってくれます。 ですが、後片付けはしません。 コンロ周りの油汚れも放置です。 食事前に片付けてしまいたいのですが、出来たてを食べないと不機嫌になるので、食事後に後片付けをするのですが、油汚れが固まって簡単には落ちません。 使ったフライパン等も何度注意しても水につけ忘れるので後片付けに時間がかかります。 逆に仕事大変になってるし!とは思っても良かれと思って作ってくれてるので文句は言えません…。 後片付けの最中は子どもを見てくれるのですが、泣き始めると「泣いてるんだけどっ‼︎早く来てよ‼︎」と怒られます。 だったら片付けしてよと思いますが、主人はちゃんと子育てに参加してますよと言いたいのか、「子どもは俺が見とくから!」と譲りません。 その他にも寝る時は主人が面倒見てて私が他の家事をしていても、何も言わずに1人でベッド入ってしまい、子どもの泣き声がするので見に行くとリビングに子ども1人で居たりします。 何かしら手伝おうと、育児に参加しようとしてくれるのは良いのですが、するなら最後までしてほしいですし、中途半端にしかしないなら、最初からしないでほしいですよね。 下手に何かしら関わってくるので、姑さんとお話しするときも主人がいる前で、ちゃんと手伝ってくれくれますよー、育児も参加してくれてますよー、助かってますよーとしか言えないので他から注意してもらう事もできません。 相談者さんの旦那さんの方がしっかりお手伝いしてくれてるとは思うので違うとは思いますが、やはりどこのお家でも旦那さんに対して思うことは同じなんだなと共感させて頂きました!

  9. 9. 名無しの激おこさん

    手伝いしてくれるのはいいけど

    お気持ち分かる気がします。ありがた迷惑ってやつですね。
    いっそ全く手伝う気がないのならズバッと文句も言えるのに、旦那さんに手伝おうという気があるからこそ、文句も言いにくい状況なんですよね。
    でももしかしたら、旦那さんは自分のしていることが中途半端なために奥さんが苦労していることに気が付いていないのかもしれません。
    一度旦那さんにきちんと伝えてみる必要があると思います。「お皿洗いまでお願いしていい?」とか「片付けまで教えてあげてほしい。」とか。育児を手伝おうとしてくれる旦那さんなら、きっと協力してくれると思います。頑張って下さい。

  10. 10. 名無しの激おこさん

    褒めて褒めて伸ばしてみては?

    主婦あるあるですよね!イクメン気取りの旦那!
    本人は本当に出来てるつもりなんだと思います。でもその実ただの良いとこどり…くー!でも、ご主人はやってくれているので救いようがあると思います!タチが悪いのは料理やゴミ出しもしないのにやってる風に言いますからね!やってくれるところを褒めて褒めて褒めまくっていい気分にさせ、そこに漬け込んでめんどくさい部分もお願いしてみてはどうですか?例えば「ご飯めっちゃ美味しかったー!片付けもしてくれたら最高だなー」とか!きっと調子に乗ってやってくれますよ^ ^

  11. 11. 名無しの激おこさん

    本物のイクメンを目の当たりにさせたい。

    こういう男性って、イクメンというものがどういうものか、育児をするってどういうことなのか、なんとなくのイメージでしか理解してないんじゃいかと思います。
    ちょっと手伝えばそれでいいんだろ、妻も助かってるだろ、って軽く考えてるんじゃないかな。
    あるいは、自分の父親は全く育児に参加してなくって、あれより俺は全然まし、って思ってるかもしれないですね。
    でも時代は変わったってこと、理解してほしいものです。
    身近に本物のイクメンがいたら、その人のイクメンっぷりを目の当たりにさせたらいいのかも。