オタク女子に話を合わせようとするニワカ男に腹が立つ

アニメとかゲームが好きというのは所謂「オタク」に分類される人種でしょう。私もそうです。これ、 恥ずかしいことではないのになぜか言うの勇気いりますよね。隠すのも無意味なのでなるべく軽く言おうとする。「私~のゲーム好きなんですよ」って。これに対して「私もそれ好きです!」異様に食いついてくる男性。この時点ではめっちゃ嬉しい。同類!しかし少し気を許して話し出すと、明らかにググって調べた程度の情報や曖昧な記憶、すぐに気づくんですよね。おまえそんなに好きじゃないやろ?というか下手したらやったことないやろ?って。趣味を理解してくれるのはありがたいことですしそれだけでも充分なのに、なぜニワカをさらす!!?恋の駆け引きだなんて言いますが、無理に気を引いたり見栄をはったりせず素直な気持ちで接するのが一番大事。趣味に限った話ではないですが、共感するより理解や興味を示す方が嬉しいということを分かってほしいです!

0
 

    みんなのコメント

  1. 1. 名無しの激おこさん

    素のままが嬉しいと伝えてみませんか

    文章を読ませていただくと、相手の方も努力されていることの表れだと感じます。相手の方は、共感できることに価値を見いだして、会話していても喜ばれると思っているのかもしれません。
    そこを理解した上で、やはり、相談者様のおっしゃるように、うわべだけの理解、共感を感じたとき、相手の方が無理されているのではという不安やストレスをもちながらだと、これからよい関係にはつながらないと思います。
    素のままでお互いのことを知り合う、お互いの違いこそ、刺激があって楽しいなど、少しずつそういったスタンスであることを会話に織り混ぜてみてはどうでしょうか。

  2. 2. 名無しの激おこさん

    わかります、無理しなくていいんですよね

    ご相談者様のお気持ちわかります。無理に自分も、そのことに対して詳しいふりされたりするとバレた時にひいちゃいますよね。それに自分の大事にしている世界を簡単に語られてしまうと侮辱された気持ちになりますよね。ただ、相手の方はそこまでしてご相談者様の気持ちを引きたかったともとれますね。そんなにご相談者様のことを気に入られているのだから、正直な気持ちを上手に伝えれば分かってくれるかもしれませんよ。それに、相手の方もムリして同じ趣味を持つよりも、理解する程度の方が気持ちが楽になりますからね。結構良い相手かもしれませんよ。

  3. 3. 名無しの激おこさん

    大きい広い心で接してあげて

    確かにオタクからするとにわか知識には怒り心頭しますよね。
    それはすごく気持ちがわかります。
    ただ男性側とすると話を合わせようと、あなたと仲良くなりたくて必死なんじゃないですか?
    そう思うとちょっとかわいいなーなんて気持ちにもなりませんか?
    無理にあなたを騙そうとしたわけではないんで、あなたが教えてあげるくらいの気持ちでいた方がいいのかもしれませんね。
    男性はプライドが高い人が多いですから、知ったかぶりをしてしまう人もいます。
    あなたは本当に好きだから傷つけられたような微妙な気持ちにもなるのもわかります。
    いい出会いがあればいいですね。

  4. 4. 名無しの激おこさん

    ニワカは無知よりも罪

    私もがっつりどっぷりヲタクですので、お気持ちは本当に本当にわかります!
    ヲタクを恥じる気はないですが、どうしても世間の目はマイナスなイメージが強いので
    なかなか公言するのって勇気がいりますよね。
    でもヲタクっ気を一切隠して一緒に過ごす、生活するのは絶対に無理だと思うので
    やはりこれからを共にする可能性があるからには多少なりともそうであることを伝えなくてはいけないですよね。
    そんな時、思い切ってカミングアウトしたら相手も同類だった時の喜びは計り知れないと思います。
    私ならもうその時点で運命では?!と思ってしまいそうです。
    それが実はニワカだったとわかると、期待した分気持ちは一気に氷点下ですよね…。
    無知は罪なりと言いますが、正直無知よりもニワカされるほうがよっぽど罪がでかいです。
    ヲタクであることを理解してくれるだけで十分なのに。
    どうせ自分を良く見せたいなら、ニワカなこと言って盛り上げようとするより
    「自分はやった事が無いけど、貴女が好きだというなら是非やってみたいから教えてくれないか」
    なんて興味を示してくれたほうがよーっぽど好印象ですよね。
    でも、願わくば次こそ本当に「同類」に出会えますように。

  5. 5. 名無しの激おこさん

    理解や興味って意外と難しいですよね。

    男性も一応共通の話題を見つけたと思って、ニワカを隠しながら話題に食いついてきたんでしょう。そういうのって、すぐぼろが出てしまうとも知らずに…。
    哀れですね。まったくの無関心よりかはましだと思いますけど、素直に自分の無知を認めない男性が多いことも事実ですよね。
    こちらがわはいわゆるオタクなのですから、もっと質問して、ひとつひとつ知識を増やしながら会話を進めるすべもあるはずだと思います。質問が上手いと
    予備知識が全くなかったとしても会話って弾みますしね。ここまで書いたところで、わたしも恋愛についてニワカで知ったかをしているのではと不安になりましたが大丈夫かな??

  6. 6. 名無しの激おこさん

    それもその男性の優しさかな?

    私もですが漫画やアニメ好きな方って、堂々とオタクと公言する方とめっちゃマニアックなのにオタクだと絶対にバレたくなくて、あくまでもオタクではないからと否定する方と二通りいないですか?
    質問者様や私は前者タイプで、共感しなくて良いから没頭する私を受け入れてくれればOK!一緒にハマってくれたら最高!ってタイプで、後者の方は自分の好きなものと惜別はしたくない。でもオタクの自分を出したことで嫌われたくない!それならオタクではなく、あくまでも「かじる」程度のファンという設定にしよう!と、オタクである自分を否定されるのが怖いタイプだと思うんです。
    きっと、質問者様が出会った男性は質問者様が後者のタイプだと思って「自分も好きだよー!◯◯知ってるよー!否定してないよ!安心してね!」って気持ちなのではないですか?
    そこははっきりと、もし気を遣ってくれてるなら話し合わせなくて良いよと伝えてみては?質問者様が理解して興味持ってくれるだけで良いって分かれば、彼が質問者様に好かれるために「にわか」を頑張ってるなら、気を遣って調べる生活から解放されるし、お互いに気遣いせず過ごせると思います!

  7. 7. 名無しの激おこさん

    素直になるのが怖いのでは。

    アニメ好きって打ち明けるの
    ほんと少し恥ずかしくなりますよね!
    それを打ち明けたら世間的には少数派みたいな
    顔をされたこともあります。
    みんなアニメ見て育ってるはずなのに!と
    一人でモヤモヤしてしまいます。

    でも男女の出会いの場だとどうでしょう。
    なんとなーく男性も女性も取り繕って
    お話してしまいがちです。
    興味ないけど好きって言っておこうかなーとか。
    どうでも良い話だけど相づちしとこーとか。
    でも興味のある相手だからこそ頑張れるし
    取り繕ってお話できちゃうものです。
    なぜかって理由は一つだけ。
    少しでもあなたに良く見てもらいたいのです。

    でもそのような人に限って後々ボロが出ます。
    初めから素直なひとは少ないですよねー。

  8. 8. 名無しの激おこさん

    ニワカでも興味を持って合わせてくれようとするなら、それはそれで良いと考えないと、オタク拗らせて行きませんか?

    ニワカでも興味を持って合わせてくれようとするなら、
    それはそれで良いと考えないと、オタク拗らせて行きませんか?
    もし、それがダメとなると単純な話、
    「それ、そこまで知らない」「へぇ、そうなんだ」で会話終わっちゃいますよね?

    オタクである事、それ自体は別に隠す事では無いと思うのですが、
    最初から趣味を通して出会った、それも同じアニメやゲームのファンとしての交流で無いのであれば、
    もっと、一般的な会話から入った方が良い気がいたします。

    自分の趣味だから話しやすいと言うのもあるとは思いますが、
    同時に、趣味には譲れない点が多く、相手が合わせてくれた事が逆にニワカと感じ、
    せっかくの出会いや相手の思いやりに目が通らず損では無いでしょうか。

  9. 9. 名無しの激おこさん

    無理に共感しないでと伝えましょう

    あなたの趣味に共感してくれるということは、少しでも仲良くなりたい、共通の話をしたいと気を使ってくれています。まずはその気持ちを素直に受け取りましょう。
    あなたに興味がなければ、ニワカにすらなってくれないと思いますよ。変な趣味だな、合わないなと感じれば相手は去っていきます。
    そして、こちらから、マニアックでごめんなさい。趣味が合わなければ遠慮なく言ってくださいねと伝えれば、相手も本当はあまり知らなかったと言いやすくなるかもしれません。
    同じ趣味の方と出逢える確率は低いので、こちらも初めから押し付けず、少しづつ話していきましょう。

  10. 10. 名無しの激おこさん

    「にわかくん」のエピソードを次回に話しましょう。

    同じ趣味だと思っていたら「にわか」だったんですね、ホントに好きかどうかはやっぱり分かりますよね。ただその相手があなたと付き合いたくて言ってしまったのかもしれません、あなたも気に入っていればばれていても一緒にゲームしてもいいかも。後付けでもいい彼氏が出来たらラッキーですよ。もちろん、ごまかしてばっかりで嘘の多いひとだと困るので見極めも大事ですが。自己紹介のときに自分の趣味と、今までの「にわかくん」のエピソードもネタにして話してみるのはどうですか。釘を指すことも出来ますし、あなた好みの本物の「オタク」が見つかるかもしれません。

  11. 11. 名無しの激おこさん

    あなたには興味があるのでは?

    昔はアニメやゲーム好きに「オタク」のイメージがありましたが、今では日本のアニメは世界的に人気がありますし、イメージは変わりつつありますよね。
    あなたは自分の趣味にこだわりがあって、中途半端な共感に納得できないのかもしれませんが、話を合わせているということはあなたに関しては興味があると思います。
    話を合わせるにしても知識が少ないのをごまかすことに嫌悪感を感じているのだと思いますが、あなたにいい所を見せたくて知ったかぶりをしたのではないでしょうか?
    とにかくオタク扱いされてもいないし、会話もある程度はずんでだようですし、それほど悪くない気がします。

  12. 12. 名無しの激おこさん

    自分より相手のことを聞くようにするといいかも

    最後の一文、すごく素敵だと思います。たしかにその通りですよね。相手も悪気があって言っているのではないと思いますが、無理して共感されるとこちらも話す内容に気を使わなければならなくなりますし、逆効果なんですよね。アニメやゲームに限ったことではなく趣味全般にいえると思いますが、もともと相手が同じ趣味を持っていると思わないことが大事かもしれません。趣味を聞かれたら○○です、○○が好きですくらいしか言わないで、逆に相手の趣味を聞いてあげてそちらで話を盛り上げていくほうが結果的にいいような気がします。その上で相手が自分に興味を持ってくれたらいろいろ質問してくると思いますし、そこからなら理解をしてくれることも多いのではないでしょうか。